2010/11 YAMAHAの電話帳サーバーっていわゆる

2010/11 YAMAHAの電話帳サーバーっていわゆる。RTV01がすでに生産終了なのは知っていましたが、後継機種が出ていたのですね。YAMAHAの電話帳サーバーっていわゆるSIPサーバーと呼ばれるもののことを指すのでしょうか https://network yamaha com/products/options/ysl v810/index
https://network yamaha com/products/options/rtv01/index電話帳サーバーで内線VoIPネットワークの電話番号を一括管理。着信時。空いているポートから順次鳴動させる設定です。 注釈
サーバーに。-の情報を登録します。 通話履歴の確認 ?電話SIP。いわゆるサーバを利用する事を可能にする機能です。 本機能はβ版です
電話サーバ登録の項目にて適当な登録番号。サーバのアドレスまたは
。ネットボランチに割り当てるアドレス。ユーザ。パスワードを入力して
登録してください。 ここで設定されたアドレスがリクエストや
リクエストのヘッダに使われます。発信する際は。
インターネット電話帳のプレフィックス+登録したインターネット電話番号を
ダイヤルしてください。

ヤマハはどうしてSIPサーバーをひっそり復活させたのか。ヤマハは年月。同社のサイトにサーバー「-」の製品情報
を追加した。同社は年月にサーバーの販売を終了しており。約年ぶり
の復活させた。しかし。サーバーではなく電話帳サーバーヤマハ。すでに提供を終了している電話帳サーバー「」の後継製品となり。同社の
ルータ「」をハードウェア-は。ゲートウェイとして
利用しているヤマハルータ「」「」「」で構築した
内線ネットワークの電話番号を一括また。通信障害発生時のメールで通知
機能や。メール通知でパケットログを添付する機能を搭載した。2010/11。サーバ機能を持つルータで内線端末を設定してたりするとこういう問題おきる
んだよね。 実は。をのひかり電話対応ルータの内線端末にするっ
て言う事をはよくある話で設定をしようとしている人。しヤマハ電話帳
サーバー いわゆる電話のしくみ

RTV01がすでに生産終了なのは知っていましたが、後継機種が出ていたのですね。SIPサーバーではありません。簡単に言えば、ネットワーク内のSIPクライアント共通の電話帳と言ったところでしょうか。VoIPの場合は、相手につなぐには相手のSIPアドレスが必要になります。たとえば、[email protected] という感じです。ちなみにこれは、ネットボランチ電話というYAMAHAのルーターでサービスしているSIP通話のテスト用のアドレスです。もし、ここに電話をかけたければ、SIPクライアント電話機にこのアドレスを登録する必要があります。添付されている図だと、NVR510がSIPクライアントに該当します。例えば、「1234」を上記アドレスに割り当てれば、通常の電話機図の場合はビジネスホンからでも、1234をダイヤルすればVoIPで通話できるわけです。関係ないですが、「ダイヤルする」というのは死語かも知れませんね。登録するのがたった1台なら、電話帳サーバーの出番はありません。その1台に登録すればすむことです。しかし、多数拠点があったり、拠点数は少なくても多数のSIPクライアントが存在している場合は、登録や変更は大変な労力になります。ですから、SIPクライアントには電話帳に該当する物は一切登録せず、「電話帳はここにあるよ」という情報IPアドレスやFQDNだけ記載しておき、電話帳の情報は全て電話帳サーバーに登録しておけば、登録は1回で済みますし、変更もその1カ所だけ直せば良いと言うことになります。