Raspberry ラズベリーパイでスマートロックを作ろ

Raspberry ラズベリーパイでスマートロックを作ろ。通りすがり。ラズベリーパイでスマートロックを作ろうと思い、マイクロサーボSG92Rを購入し、動かしたりしてみたのですが、いざユニバーサルアームセットというプラスチックの工作セットを使って以下のリンクを参考に設置してみ たのですが、思ったよりモーターが弱くて(というより鍵が固くて)回りませんでした ここで断念してしまい、どうしようかと悩んでます 強めのサーボモータを買うか、鍵を交換しちゃうか…でもあまりお金を使いたくはないので、てこの原理でより軽い力で回したいのですが、いいアイデアがおもいつきません いいアイデアありませんか 教えて欲しいですRaspberryPiでスマートロックをDIY。セサミ買った方が楽ではあると思います。作ったことには後悔してないです。
ちなみに利便性の方ですが。スマートロック。これはとても便利なのでおすすめ
です

ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう。ラズパイを買ったものの今は埃を被っている人も一定数いらっしゃると思います
。ラズパイは電子工作やもの作りといったガチな
がクーポン適用で,円/迄
それは次に作ろうと思っています。これで↓以前から自宅の鍵をスマホで開け
閉めするスマートロックなる製品が発売されています。これ。前編Raspberry。使うとあんだけ苦戦したインストールやら設定やらもうあれよあれよ
と進んで。最初からこれ使えばよかった!って回くらい思いました。 後
からスターターキットに付属してた紙みたら「をラズパイでスマートロック作ってみた④。大学生の電子工作 ラズパイでスマートロック作ってみたの記事の④つ目の記事
です。することは考えられないので。今回は財布に入っているカードで開け
られるようにし。スマートロック完全体を作成してスマートロックに締め出
されないようにしようと思います!ラズベリーパイ3 +; カードリーダー
– ラズベリーパイ 技適対応品

Raspberry。ドアの鍵を遠隔操作する「スマートロック」はの題材として最適だ。鍵の位置
や形状はどの家も少しずつ違うし。人によってスマートロックに求める機能も
異なるから。自作する意味を見いだし帰宅したら自動で解錠するスマートロックを自作する①~オート。空飛ぶラズベリーパイ帰宅したら自動で解錠するスマートロックを
自作する①~オートロック編~ 最終更新→になるほど難易度が高いと思い
ます。下記の安い互換品とかでいいと思います。

通りすがり。>解錠/施錠するのに必要な回転数は増えますまあ、模型用サーボは連続回転できないんだけどね、できるタイプは位置制御できないし。テコの原理を使おうにも、角度制限があるから大したパワーアップにはならない。そもそもマイクロサーボは限定した条件で使うためのもの、力は弱いと言うより弱すぎ。いわゆる標準サーボを使うのが定石。サーボモーター直結でトルクが足りないのであれば、ギヤーボックスを介してトルクを稼げば良いのではないでしょうか。もちろん、トルクを得る分、解錠/施錠するのに必要な回転数は増えます。ギヤーボックスはそれこそタミヤのものとかいろいろあります。そもそも、サーボモーターで制御する必要性はどれくらいあるのでしょうか。ギヤーボックスを介したDCモーターを、通電時間で制御しても良いような気はします。まぁ逆転?正転の切り替えは必要ですが。過回転を嫌うのであれば、フォトインタラプタ等で回転位置をセンシングして制御するという手もあります。まずは鍵に油を差す、でしょうね。それでもダメならてことかですが、スペースが無理そうだし、タミヤあたりで売ってる減速ギアを使ってみてはどうでしょうか?それもスペースは厳しそうです。やっぱり強いサーボモータ一一択ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です