Kawasaki 糖尿病網膜症で眼科にかかっています左右

Kawasaki 糖尿病網膜症で眼科にかかっています左右。まず治療が可能な近隣病院があるのであれば?転院することも検討するのは良いかと思います?診療時間については?残念ながら人気の所では当たり前ではあります?症状については?効かない人はホントに全く効かず何十回とする人もいます?良かったか悪かったかは正直医師によると思いますので?信頼が得られないのであれば冒頭のとおり転院すると良いかと?アイリーアは目の病気全般的に使用されるようです。糖尿病網膜症で眼科にかかっています
左右とも増殖前です
すでに両目とも1度づつ8月20日と24日にレーザー治療をしています その際、パスカルレーザーで右は1度に1500発、左は1度に900発撃ちました
どうやら、通常数回に分けて打つようですね 治療前は裸眼で右0 5左0 6矯正で1 2ずづあった視力が裸眼右0 1左0 2、矯正で右0 9、左1 0にまで落ちました
黄斑部には打っていないと言っていましたが???
その後10月12日に眼科を受診した際、左右に糖尿病黄斑浮腫があるとの事
レーザーが原因で黄斑浮腫になることもあるらしいです
左はほんの少しの浮腫ですが右がひどいので右目にアイリーアを注射することになりました
しかし、その眼科はいつも非常に混んでおり、最短で 25日後にしか予約が取れず、
ようやく11月6日に初めて1回目のアイリーア硝子体内注射を打ちました
後で色々調べたところ、一刻でも早く注射を打ったほうが結果が良いのだと知りました
注射の翌日の11月7日のOCT検査ではあまり浮腫が改善されていないと言われ、
また1週間後の11月13日に経過観察の為に受診します
その際、1週間位してから徐々に効き始める人もいるから心配ないでしょうと言われました
11月13日に受診した後に2回目の注射の予約を取ることになると思いますが、
11月7日の時点で12月10日に予約していた人がいたので、
おそらく年内は予約が一杯だと思われ、1月くらいになりそうです
アイリーアは通常1ヶ月ごとに数回打つようですが、
こんなに注射の間隔があいてしまっても効果は変わらないものなのでしょうか
この2か月であっという間に症状が悪化してしまい、
何だかこの眼科の対応に不信感が募ってきました
ちなみに、この主治医からは今後どれくらいの間隔で
何回打つなど診療計画は聞かされていません
どなたか、詳しい方がいたら教えて下さい
その眼科は評判が良かったので、レーザー治療をすることになって、
今年7月から通始めたのですが、家から遠く、交通の便も悪いので、
マイカーでしか行けません
日帰り白内障手術もやっているので半端なく混んでいます
余りにも、混んでいて毎回受付開始2時間前から並び会計が終わるまで5時間くらいかかります
注射1回につき計3日受診しなければならないし、もし左目も黄斑浮腫がひどくなったら、
1か月に6回は受診しなくてはいけなくなります
両目に同時に注射はしてもらえるんでしょうか
黄斑浮腫は完治しなそうだし、今後何十回、
もしかしたらそれ以上打つことを考えると近くの眼科に変えようかと思っています
毎回瞳孔を開くので運転は出来ないので、家族に仕事を休んでもらわなくてはならないし
治療費は3割負担なので高額で、
今後の事を考えると非常に不安になります
皆さん、近くの眼科に転院する事どう思いますか 足立区?八潮市。糖尿病網膜症は。最終段階まで痛みなどの自覚症状がないため。眼科の定期検診
を受けていないとご自分で気づくことは日本における糖尿病網膜症の有病率は
。糖尿病患者様の約~%もいるとされており。約万人が糖尿病網膜症に
かかっていると推定できます。増殖前網膜症と早期の増殖網膜症では。失明
予防の目的でレーザー光凝固術を行って。病気の進行を阻止したり。遅らせる
ことが疾患の状態に左右されますが。ほとんどの手術は~分程度で終了し
ます。

糖尿病網膜症。増殖網膜症図は。単純網膜症でも生じる糖尿病黄斑浮腫とともに視力低下を
引き起こす原因となりますが。放置した場合には完全失明に至るという点で
糖尿病黄斑浮腫と比較して病状はさらに深刻です。また糖尿病網膜症では
ある程度病態Kawasaki。信頼される眼科?みずほ眼科?を目指していますアレルギー性結膜炎; 飛蚊症;
網膜剥離; 糖尿病網膜症; 網膜硝子体疾患眼底出血。黄斑疾患 屈折異常 屈折異常糖尿病網膜症。となった状態です。 血糖が高いと血液に粘り気が生じ。それが体のあちこちの
血管にも影響を与え。やがて血管がぼろぼろになります。糖尿病はいわば血管の
病気ともいえま糖尿病にかかってすぐに糖尿病網膜症以下。網膜症に
なるとは限りません。およそ年を受けます。 少し進んだ網膜症=増殖前網膜

:com。当院は。地域の皆様から信頼される眼科を目指して日々努力していきたいと思い
ます。アレルギー性結膜炎; 飛蚊症; 網膜剥離; 糖尿病網膜症; 網膜硝子体疾患
眼底出血。黄斑疾患遠くでも近くでも調節が必要になり。目に少なからぬ負担
がかかって。目が疲れやすくなり。頭痛や肩こりを伴うドライアイは環境要因
が病状を左右します。レーザー治療は網膜光凝固とも呼ばれ。一般的に通院で
行われます。病期が前増殖期に入った辺りからレーザー治療を検討し始めます。糖尿病網膜症。予備軍も含めると万人といわれる糖尿病の患者数の多さもあって。糖尿病
網膜症は緑内障とともに成人してからのまた。網膜で出血が起こると。視野に
黒いカーテンがかかったような感じがします。前増殖糖尿病網膜症網膜
症の段階で起こることもありますが。増殖糖尿病網膜症の時期に最も多く発症し
。失明の原因になっています。加齢に伴い定期的な目の検診は必要ですが。
とりわけ糖尿病と診断された時点から。眼科での定期検診を受けることは不可欠
です。

糖尿病網膜症について。糖尿病の患者さんのうちのおよそ分の。約万人が糖尿病網膜症に罹患して
いると推計されており 。非常にありふれた合併症であるともいえます。 糖尿病
網膜症は無症状で進行することも多く。最悪の場合には失明にも糖尿病網膜症。糖尿病網膜症は定期的に眼底検査をしていれば。視力に異常がない内から発見
できますから。糖尿病と言われたら。見え方治療が必要となる増殖前網膜症?
増殖網膜症となると。放置すると50%は0.1以下の視力になりますから。
専門的な若いうち20歳以前から糖尿病にかかっている人は。高齢で
糖尿病を発症した方と比べると当然生涯の中で糖尿病に両眼とも赤い出血斑と
白い硬性白斑が多数みられますが。これは単純網膜症の状態で。視力障害を感じ
ていなくても

網膜症。糖尿病の患者さんは。目の見え方などが正常と思っても。年に回は眼科受診を
するようにしましょう。実際に。糖尿病網膜症は。日本における失明の番目
に多い原因と言われています番多いのは緑内障。その上。高血圧は
糖尿病網膜症を悪化させるとも言われており。適切な降圧は網膜症の新しい発症
と重症化を予防します。増殖前網膜症や増殖網膜症。糖尿病黄斑浮腫になった
場合には。網膜症が更に悪化しないように眼に対する治療が検討されます

まず治療が可能な近隣病院があるのであれば?転院することも検討するのは良いかと思います?診療時間については?残念ながら人気の所では当たり前ではあります?症状については?効かない人はホントに全く効かず何十回とする人もいます?良かったか悪かったかは正直医師によると思いますので?信頼が得られないのであれば冒頭のとおり転院すると良いかと?アイリーアは目の病気全般的に使用されるようです。効果としては、目の腫れをなくす事のようですが、腫れがなくなるのと、視力の回復は別で個人差があり、腫れはなくなっても視力は回復しない場合もあります。また、視力回復の効果があった人でも質問者さんか心配されているように期間が空いてしまっては悪くなってしまいます。一時的に回復はしますが、また悪くなる為、維持をする為に1ヶ月に1回の注射が必要になるわけです。極端な話、目が見えなくなってアイリーアの注射を打っても意味がないと言う事ですアイリーア注射は高額になるので会社の保険制度によっては健保附加金などで一部戻ってくる場合もあります。レーザー治療正式名称が網膜光凝固術は生命保険などの手術適用にあたりますので申請すれば、その分戻ってきます。何度も通院しないといけないのは大変ですが???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です