Excel エクセルで給料計算の表を制作しているのですが

Excel エクセルで給料計算の表を制作しているのですが。1回の質問で全部解決しないから面倒なことになります。エクセルで給料計算の表を制作しているのですが少し複雑で困っています

平日?14:00¥1100、14:01?は¥1150
土日祝?14:00¥1150、14:01? ¥1200

現在のエクセルの状態は…
WEWKDAY関数 で平日は1、土日祝は2で返してます
出勤、退勤時間はシリアル値で入力して勤務時間は10進数で返してます
実労働時間は6時間1分以上8時間以下は45分、8時間1分以上は1時間休憩で勤務時間からそれぞれの条件で休憩時間を引いた数値が返っています

9:00?17:00のような勤務時間の場合上記のそれぞれ時給を用いて計算したいです

わかりにくい説明ですがよろしくお願いします Excel。例えば。次のような表で給与計算を行う場合。「稼働時間」の[]セルに「
」と表示されていますが。本当の値次のような表を利用して。セル[]に
正しい時間を表示し。セル[]に時給×時間の計算を行ってみましょう。形式の
時間の実体はシリアル値です。上記のような表の場合。時給が入力されている
セルを計算対象にする場合は 絶対参照 にしてからオートフィルでコピー します

給与計算ソフトを買うべき。エクセルなどの表計算ソフトは。手軽に給与計算を行えるのが特長です。従業
員数が少ない企業では。エクセルを利用して。給与計算と明細作成を行っている
企業も少なくないのではないでしょうか。エクセルで給与計算を行う場合。
給与計算担当者の手入力の作業で計算式を作ることになりますが。複雑な計算を
手作業で正確に社労士も人で。人と人の付き合いとなりますので。給与計算
ソフトなどに比べて「少しお試しして合わなかったら他のところにエクセルで給料計算の表を制作しているのですが少し複雑で困の画像。Excelエクセルを使って無料で勤怠管理をする方法とは。ここまでで簡単な勤怠管理表の作成方法について紹介しました。 この管理票を
アレンジすれば簡単な給与計算程度なら行うことが可能です。 ただし。計算が
複雑に

Excel時間の計算がうまくできない。しかし。「イマイチよくわからないまま使っている」「実は少し苦手……」
という人解説します。まず。毎日の勤務時間の合計を求めて。最後にその値を
使って給与を計算するという流れで説明します。セルに自動的に数式が入力
される⑤ので。もう一度[オート]⑥をクリックして計算結果を
確定します。 計算結果が時刻データを数値データに変換するなど少し複雑です
が。一度覚えてしまえば。時刻を扱うさまざまな場面で応用できます。エクセルはもう古い。給与計算とは。総支給額から控除額を引き。差引支給額を計算して。従業員や
税務?保険機関に支払う業務です。毎月の給与計算を少しでも楽にするために
ご活用ください。まず。常時常に人以上の従業員パートやアルバイト
を含むを雇っている場合は。労働基準法に従って「就業規則」の作成が必要
です。面倒な時給計算も。 データ上で勤務状況を確認できるので。
タイムカードの内容を表計算ソフトに入力して計算する手間もなくなり

勤怠管理。勤怠管理には。手書きの出勤簿?タイムカード?エクセル表計算?勤怠
管理システムのつの方法があります。,手作業での集計では誤りが生じがち
ですが。たとえ勤怠管理システムを使っていても週時間超の労働時間分が
正しく反映注意が必要です特に月をまたぐ週について。, 労働時間把握や
給与計算を正しく行うためには。労働基準法に沿った細かな上で公開され
ている無料エクセルテンプレートからおすすめのテンプレートをつ厳選して紹介
し。勤怠管理

1回の質問で全部解決しないから面倒なことになります。?すでに実労働時間を返す数式ができているようですが、休憩は何時から何時に取ったことにするのか不明なので計算できない。そもそもトータルの時間を先に出しても計算上意味がない。?~14:00までの労働時間、14:01~の労働時間を別のセルに出して、それぞれに時給を掛けてやれば良い。トータルの時間はこの2つを足すだけ。順番が違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です