2015年 126k 11l=1を解くとk>0となえう整

2015年 126k 11l=1を解くとk>0となえう整。126x-11y=1。126k 11l=1を解くと、k>0となえう整数解 (k l)のうちkが最小のものは、k= l= っていう問題を解く過程で 126k 11l=1 ~k= 2、l= 23~ は整数解の一つであり 126( 2) 11( 23)=1となる っていうのがあったんですけど ~ ~内にある、 2と 23は どっから出てくるんですか 自分で計算して出さないといけないんですか 2015年。次に。自然数 により クケコ と表わされる数で。 で割った余りが と
なる最小の を求める。次不定と解くと。 となる整数解 , のうち
が最小のものは = サ , = シスセ与えられた不定方程式 – = を解く
。この手の不定方程式は特殊解を見つける必要があるが。簡単には

14で割ると5余り。次不定方程式の整数解の利用 条件から, を整数として, は
+, + と通りに表され, +=+ から -= 去を利用する。割
, , , , , , よー の最小公倍数は= であるから 上なわち
=+ は以上の整数 る。$→$ のときで $-+$ を $
=+$ $=$ $=/$ 圏 解くと$$ $^{}$ で割ると126k。センター試験。次不定方程式[クケコ]?= [ ク ケ コ ] ? = を解くと。 と
なる整数解, , のうちが最小のものは。=[サ] = [ サ ] 。=[シスセ] = [ シ
ス セ ] である。 解説 ?不定方程式ax+by=cc≠0の整数解の求め方。不定方程式ax+by=cc≠0の整数解の求め方|数学|苦手解決の
ページです。なぜ,もとの式と整数解の1つを代入した式の差を求めることで
整数解を求めることができるのかがわかりません。= は整数

126x-11y=1 ‥‥①。小さいほうの係数に着目して、1111x-y+5x=1、と変形する。11x-y=α ‥‥②とすると、11α+5x=1、となる。これの特別解は、簡単に、α、x=1、-2と分かる。②より、y=11x-α=-23この時、①は、126x+2=11y+23、と変形できる。126と11は互いに素から、kを整数として、x+2=11k、y+23=126k、になる。条件から、x=11k-2>0 → k≧1k=1で最小だから、x、y=11k-2、126k-23=9、103pooh_mokakakaさん、そうですね。おそらくユークリッドの互除法で導出するのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です