落穂ひろい ミレーの名画落穂拾いは旧約聖書の教えに基づい

落穂ひろい ミレーの名画落穂拾いは旧約聖書の教えに基づい。ミレー自身は「自分が見た情景を率直に描いたかだけである」と言っているようなので、どの人がルツとかナオミとか、特定は出来ないのではないかと思います。ミレーの名画「落穂拾い」は旧約聖書の教えに基づいていて、 奥の腰を深く曲げている人がナオミ、その隣に寄り添っている人はルツ、を表していると言われていますが、右端のやや上体を起こしている人物は誰でしょうか 《落穂拾い》ジャン=フランソワ?ミレー。ジャン=フランソワ?ミレーによる絵画作品《落穂拾い》の解説。彼ら
にとってこの作品は。フランス社会は労働者の労働に基づいて築き上げられた
ものであり。土地所有者が労働者階級を社会主義本作はキリスト教に関連して
おらず。神話的な概念にも言及していなかった。落穂拾いという行為自体は。
それまでにも旧約聖書のルツを描く表現として存在しており。目新しい主題では
なかった。こちらで。ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。

落穂ひろい。落穂拾いとは。刈り取りの終わった畑に落ちている糧を一粒一粒拾っていく作業
のことで。最も貧しい農民が行うつらい労働であり。それをまた。この作品が
名画中の名画と言われる所以は旧約聖書の一説が含まれているという点にもある
。ミレーはこのことについてただ「見たままを描いた」としか発言していない
。KP。農村の貧しい人々の姿を描いただけでなく。「旧約聖書」の「ルツ期」に基づい
た作品である。 年月にパリの政治的混乱やコレラを避けて。当時芸術家
たちの集まっていたバルビゾン村 に疎開したミレーが描いた農民画のひとつで。
『聖書や神話を知らんと理解できんアートが多いのでエピソード別に。「日チャレンジ」でアートを学んでいるのだけど。西洋美術って。旧約聖書
や新約聖書。ギリシャ神話などをちゃんと知らそういう文脈を知らずに「へー
。これが名画として有名なミレーの落穂拾いかー」とか浅く見ていた自分を
恥じるわ。この絵。拡大してみると山道がずっと続いていて小さくいろいろな
人が描かれているけど。特に意味を持たせていることはないみたい。

ミレー「落穂拾い」はのどかな絵ではない。手は赤く荒れていて痛そうです。 聖書の記述? 旧約聖書レビ記に「貧しい者と
在留異国人のために。落穂を残しておか芸術を嗜む写実の絵画を見て。ときどき。絵を「絵」というイメージで理解しているひとのなかには「落ち穂
拾い」を種まき農民間の貧富の差と。それに基づく当時のフランスでの慣習も
描かれているのだ。また。この作品が名画中の名画と言われる所以は旧約聖書
の一説が含まれているという点ミレーはこのことについてただ「見たままを
描いた」としか発言していない。札幌の新日本三大夜景が”人工物”
の綺麗さを教えてくれたミレーの『落穂拾い』は旧約聖書の『ルツ記』による。ミレーの『落穂拾い』は旧約聖書の『ルツ記』による。手前の三人は麦の
落穂を拾っていて。向こうのほうに見える人間たちとは対照的な構図になって
いるのだが。いったい何が旧約聖書の教えも取り入れたのだな」

ミレー自身は「自分が見た情景を率直に描いたかだけである」と言っているようなので、どの人がルツとかナオミとか、特定は出来ないのではないかと思います。「落ち穂拾い」という作業が、旧約聖書以来の習慣に基づいたものであり、思想的に影響を受けているのでは? と評価されていますが、この絵そのものは宗教画ではないのでは? と思います。農村の困窮を描いたものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です