自転車乗り向け 交通事故の慰謝料についてお聞きしたいです

自転車乗り向け 交通事故の慰謝料についてお聞きしたいです。どれ位慰謝料に請求出来ますか。交通事故の慰謝料についてお聞きしたいです
先日、乗用車同士の事故に遭いました
3台玉突きなのですが私は真ん中です
二車線道路の国道にて左車線を走行中に
右に車線変更してから10秒後に渋滞の為
前の車が停車、 停車に気づくのが遅く私は、急ブレーキで3m手前で停車、
停車後の1秒後に、
ほぼノーブレーキで追突され前の車にぶつかってしまいました
最後方のドライバーは事故原因が私の急な割り込みが原因で過失割合10:0を認めていません
どうやら任意保険に加入してないようです
ドラレコの映像を見ても私に非がないのは明確です
私と妻は首肩腰を痛め全治四週間
妻は31週の妊婦で怪我の治療が出来ず
痛みに苦しんでいます
胎児への影響も心配されています
車は自走不可で廃車確定です

私は前方の車に対して賠償義務が生じるのでしょうか
又追突して来た相手に、どれ位慰謝料に請求出来ますか
追突して来た相手の車は仕事帰りで
車の持ち主は法人みたいです よくあるご質問。交通事故証明書に「物件事故」物損事故のことと記載された場合。人身損害
に対する損害賠償請求が困難になるおそれがあります。可能です。当事務所
では。事故発生直後からご相談をお受けし。事故後の手続の流れについての説明
や。証拠の保存等怪我をしたことに関する慰謝料傷害慰謝料は。原則として
入通院期間を基礎に算定されます。警察?検察から「被害感情についてお聞き
したい。

交通事故慰謝料計算ツール2020。今回は。交通事故被害者の方から最も相談が多いといわれる慰謝料について。
その算定基準と計算方法について福西弁護士にインタビューしてみたいと思い
ます。保険会社提示の金額より高く計算されるということで。こちらの理由も
後ほどお聞きしたいと思います。交通事故被害者の方この3つの中で一番高い
慰謝料になるのが弁護士基準。次が任意保険基準。最も安いのが自賠責基準です
。 つの自転車乗り向け。過去の判例を見ても。加害者が自転車乗用者であったことを理由に交通事故の
慰謝料の金額が低くなることはないようです。 まずは。後遺障害慰謝料。こちら
は「後遺障害」として認定された場合に支払われるもので。認定され

交通事故の電話でできる無料相談の窓口一覧。即座に弁護士に相談ができるわけではありませんが。事前に事務員がしっかり
交通事故についてお聞きいたします。 ですのでご相談される際。いちから交通
事故2021年版交通事故の慰謝料。交通事故の慰謝料は被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる金銭です。
そのため。修理費や治療費とは別に請求できるものです。 慰謝料の金額は以下
つ基準をもとに計算されます。公式日弁連交通事故相談センター。事故相談センターへ。保険金や賠償金についての相談?示談あっ旋?審査を
弁護士が無料で行っています。通話料は有料 日弁連交通事故相談センター
は。「弁護士」が「無料」で「公正?中立」の立場で相談をうける公益財団法人
です。事故の相手が任意保険に入っていなくて賠償金慰謝料などの交渉が
できない。 相手方の保険会社が示談あっ旋当日は。当センターの弁護士が
当事者双方から事情をお聞きし。適切な示談に至るよう調整を行います。示談
あっ旋の詳細

どれ位慰謝料に請求出来ますか?A.いくらでも欲しいだけできます、相手に支払い能力があればいいね。非がないのは明白です。←自信満々ですね。>私は前方の車に対して賠償義務が生じるのでしょうか?→説明だけでは過失の有無についての判断ができません。少なくとも左車線を走行していたのなら右車線が渋滞しているかどうかはわかるはずなので、車の流れを見ていれば車線変更後急ブレーキを踏むようなことはなかったように思います。従って「無理な車線変更割り込み」と言われた場合、反論できるかどうかが記載されているだけの情報ではわからないので、「過失の有無についてはわからない」というコメントになります。>追突して来た相手に、どれ位慰謝料に請求出来ますか? 追突して来た相手の車は仕事帰りで車の持ち主は法人みたいです。→慰謝料は治療が終わってから検討するしかないので現時点では金額についてのコメントはできません。尚、相手が任意保険未加入なら、自分で契約している人身傷害保険で治療費などの面倒を見てもらえばいいと思います。人身傷害からは、治療が終われば慰謝料も支払ってもらえます。最初に車線変更した時のスピードはどのくらいでしたか?車線変更の仕方は適切でしたか?右車線に車線変更して10秒後とありますが車線変更した時点で、追突された車との距離はどのくらいありました?追突した車から言わせれば突然左から車が割り込んで来て10秒もしないうちに急ブレーキ、その先の渋滞は見えない。割り込んで来た車の進路妨害で10秒では十分な車間距離を取れない。と言ったところでしょう。はっきり言って、質問者さんの主張を読めば読むほど、質問者さんが加害車両のように思いますよ、私が最後尾車なら、進路妨害が原因の事故として、過失割合の大幅な減少を求めますね。リアカメラもついてますよね?リア映像も見て、センターラインの長さなどから最後尾車との間にどのくらい車間距離を保って車線変更したか証明しないとダメですね。貴方は任意保険加入していますか?相手のことを未加入と言っているくらいですから当然加入していますよね?そこで、貴方が加入している損保の担当者は何と言っているのですか?それと、?????は??にも設置しているのですか?それから、質問している??を「家族関係の悩み」から「交通事故」に変更することをお勧めします。もちろん、追突の場合、自分の車で前の車にぶつかれば当然賠償しなければなりません。貴方がきちんと安全に車間距離がとれていればぶつかることは、ありませんからね。過失とすれば貴方の前の車が停車していた状態なら10割貴方がわるくなり前の車に過失はありませんから全面的に弁償しなければなりません。また貴方の後ろの車と貴方の過失は9対1で1割貴方がわるくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です