紫外集光レンズ 点光源をレンズを使って平行光にする過程が

紫外集光レンズ 点光源をレンズを使って平行光にする過程が。「点光源」=大きさが無視できる光源、ですから光はもともと放射状に広がるのです。点光源をレンズを使って平行光にする過程がよく下記の1枚目の図で示されていますが、これは実際に光の線のようなものが無数に集まって一枚目の図の実線のように進んでいるイメージであってますか それとも二枚目の図のような水面波のようなイメージの方が正しいでしょうか

光の屈折を考えるときには前者で考えた方が都合がいいような気がするのですが??
日本語不自由な箇所があれば指摘してください 点光源をレンズを使って平行光にする過程がよく下記の1枚目の画像。Hydrogen/パーカー·フーディ。銅蒸気レーザ光源を使った高速度写真サンプル 社提供
しかし。きれいに整った平行光にして小さなホコリに当てると。周囲が暗い場合
。今まで見え使用するカメラレンズ及びカメラ光学系が暗い。 込みカメラ
が枚目の撮影を終えて転送部に移すまでに数マイクロ秒かかるので。枚目の
発光は

5ページ目シグマ光機の実験用素材?シート?パッキン。両面を凸面にすることで。狭いスペースで効率よく光を屈折させ。光を多く集め
られるレンズです。 ?コリメート屈折率の波長分散が異なるつのレンズを
貼り合わせて枚の凹レンズにすることで。色収差と球面収差を球面単レンズより
小さくすることができます。 ?可視光アクロマティックレンズは無限遠にある
像を焦点に結像させる場合。または。点光源を平行光にする場合にご使用
ください。シュリーレンマルチフレーム。シュリーレン撮影とともによく行われているのが『シャドウグラフ
』法です。平行光束が被写体を通過するとき。密度の差に応じ
て平行光に乱れができそれが不均一な像シュリーレン像となります。 点
光源の平行光学系 点光源とそれを拡げる光学系。平行光束を作るコリメータ
レンズ; 集光光学系 平行光束を集光させる大学の燃焼研究室に納入する
φ凹面鏡組枚と水銀灯点光源を使った高速度カメラ
米国

紫外集光レンズ。?以下のレンズではレーザコリメート光をほぼ回折限界のスポット径に
絞り込むことができます。集光レンズは無限遠にある物体を焦点に結像させる
場合。または。点光源を平行光にする場合にご使用ください。 近距離の結像など

「点光源」=大きさが無視できる光源、ですから光はもともと放射状に広がるのです。したがって、上の図が正解。放射状に広がる光のうち凸レンズを通る光を選んで描いてあります。凸レンズの焦点位置に光源をおけばいいわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です