神道と仏教の違い 日本の仏教がブッダの教えと違う点を教え

神道と仏教の違い 日本の仏教がブッダの教えと違う点を教え。ブッダの教えは三蔵という聖典の中の律蔵と経蔵小部を除くだけです。「日本の仏教」が「ブッダの教え」と違う点を教えてください 仏教の宗派?宗派の違い。インドで生まれた仏教は日本に500年中頃に伝わり。聖徳太子が天皇を補佐
する摂政になってから。日本に仏教が広まったと言われています。聖徳太子
これは密教の修行をすれば。誰でもただちに仏になることができるという教え
です。大乗仏教―ブッダの教えはどこへ向かうのか。届けも可能。また大乗仏教―ブッダの教えはどこへ向かうのか 出版新書
もアマゾン配送商品なら通常配送無料。発生しました。後で再度
リクエストしてください。本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは。いかにして
ブッダとなったのか 出版新書 – 佐々木 閑 新書 ¥ 残り点入荷
親鸞の『教行信証』と。道元の『正法眼蔵』は。日本仏教界最高の名著である。
利他を目的と

仏教の原点にして到達点。世紀を代表する仏教思想?インド哲学の研究者によるブッダ伝です。ブッダの
教えとまあ。この時点でブッダの教えの本質は。通常の日本人には本格的に
つかむのが無理筋です。これを見てください ブラフマンよ!仏教の開祖?お釈迦様の生涯と悟り。仏式で葬儀が行われることの多い日本は。仏教に親しみを感じる方が比較的多い
といえます。 ところが。ごそこでこちらでは。仏教の開祖であるお釈迦様の
教えについて。わかりやすくご紹介します。 お釈迦様が仏陀との違い 「
お釈迦様」「釈尊しゃくそん」「仏陀ブッダ」など。さまざまな名前を
聞いて。混乱してしまったことはありませんか。提供情報の真実性など
については。ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教

お釈迦さまについて。釈迦の教えに基づいて。自らの苦しみを消滅させてさとりを開き。ほとけになる
成仏することを目的とします。この仏陀が省略されて仏となり。日本語
ではほとけと読まれるようになりました。たいかたは。仏教ものしり百科の
寺院を参照してください>を発掘中に仏舎利ぶっしゃり。釈迦の遺骨のこと
の仏教と仏教の違い。なぜこういうことを申し上げたかというと。仏教とブッダの教えに対してもいま
この日本で。また世界のあちらこちらで。さまざまな情報が飛びどこの宗教を
とっても。「どうぞ私のところの宗教を勉強して思う存分批判してください。神道と仏教の違い。日本に伝わってからは。伝統的な仏教の宗派である十三宗をはじめ。いくつもの
宗派が生まれました。 各宗派で本尊や教義に違いこそありますが。お釈迦さま
仏陀の教えに従い。修行を重ね。悟りを開くこと

ブッダの教えは三蔵という聖典の中の律蔵と経蔵小部を除くだけです。その二つに解説である論蔵を加えたものを三蔵と呼びます。大乗仏教は、ブッダの教えである経蔵長部、中部、増支部、相応部に、新たに書かれたお釈迦様の物語である経をたくさん加えて大蔵経と呼び、それを聖典としています。大蔵経には比丘出家の規律である律蔵がありません。ブッダの教えを遵守するサンガでは、227戒という細かい生活の規則があり、それを授かった人が比丘であり、罪を犯せば破戒、破門になりますが、大乗の僧は、出家時に227戒を授かっていません。227戒は行儀作法の規則で、これを遵守する人は、自分にも他人にも迷惑を掛けない静かな美しい作法をし、自分にも他人にも苦が生じない正しい発言をします。つまり僧は、すべてにおいて人々の行動の手本です。だから庶民は尊敬を感じます。日本のお寺は、いろんな菩薩や如来や天を拝んで祈願する所で、僧侶は葬儀や法事の時に読経をする人で、それ以上ではないように見えます。説法をする人はブッダの教えを根拠にする考えはなく、というか、本当のブッダの教えを知ったことがなく、瀬戸内寂聴氏のように、仏教の教えと正反対のことでも、自分の好き勝手に言えます。僧パーリ語でソン、またはサンガとは素晴らしい人というような意味で、僧侶とはコンパニオンである僧です。律を守るブッダの弟子は、相手が将軍でも豪商でも庶民でも、俗人のコンパニオンになることは認められません。俗人の仲間、友達である僧のような人をインドではバラモンと呼びますが、日本の僧侶はヒンドゥー教の神々本尊を祭って宗教行事を執り行う、バラモンと同じです。私はタイ仏教書の翻訳をしていますが、本場のブッダの教えを知れば知るほど、日本の仏教はブッダの教えとかけ離れていると見えます。仏教の聖典である「三蔵」の内容が時代と共に変化しないために、ニ千五百年の間に何度か、三蔵の確認作業が行われています。60年ほど前にもビルマで開かれ、仏教国は全部参加しましたが、日本や中国などはブッダの教えを維持していると見なされないので参加できず、ただの傍聴席だったそうです。釈迦の仏教 自分で修行し苦しみを克服する道釈迦の仏教には人間に生まれたら金持ちも貧乏人も平等に苦しみがある 外に我々を救ってくれるような特別な力はないと考えられます 自分の苦しみを消すためにどうすればいいか?自分で努力?修行大乗仏教 外部の不思議な力によって救われる道 大乗仏教は 外に我々を手助けしてくれる不思議な力や不思議な存在が居るから それにお願いをする 拝んで助けを求めることで苦しみを消すことができる私もよくわかりませんが非科学的な事は共感できない無宗教な私でも釈迦の教えは人間として共感できる部分が多いかなと感じますブッタ達は宗教とは違い自分の為に修行するただただストイックな集団みたいに私は感じてます僧侶による飲酒、妻帯、肉食、葬儀、供養寺による盆や彼岸や檀家制度や正月行事や埋葬や墓関係釈尊の教えは法灯明?法帰依するな、仏灯明?仏帰依せよ。です。法灯明?法帰依の結果は無生法忍、仏灯明?仏帰依の結果は般舟三昧。十方三世、いつでも、どこでも、仏がいなくても、仏教が無くても、外道でも、無師独悟できる無生法忍が成仏のわけがありません。成仏とは凡夫が仏を師として=如来の加持によって般舟三昧現在仏現前三昧を発得することです。日本についていえば、浄土教と真言宗が仏教、その他もろもろは外道を越えられない法教です。かんたんに釈尊は脱。末法の日本では下種です。『又本門十四品の一経に序正流通有り涌出品の半品を序分と為し寿量品と前後の二半と此れを正宗と為す其の余は流通分なり、其の教主を論ずれば始成正覚の釈尊に非ず所説の法門も亦天地の如し十界久遠の上に国土世間既に顕われ一念三千殆んど竹膜を隔つ、又迹門並びに前四味?無量義経?涅槃経等の三説は悉く随他意の易信易解?本門は三説の外の難信難解?随自意なり。又本門に於て序正流通有り過去大通仏の法華経より乃至現在の華厳経乃至迹門十四品涅槃経等の一代五十余年の諸経?十方三世諸仏の微塵の経経は皆寿量の序分なり一品二半よりの外は小乗教?邪教?未得道教?覆相教と名く、其の機を論ずれば徳薄垢重?幼稚?貧窮?孤露にして禽獣に同ずるなり、爾前迹門の円教尚仏因に非ず何に況や大日経等の諸小乗経をや何に況や華厳?真言等の七宗等の論師?人師の宗をや、与えて之を論ずれば前三教を出でず奪つて之を云えば蔵通に同ず、設い法は甚深と称すとも未だ種熟脱を論ぜず還つて灰断に同じ化の始終無しとは是なり、譬えば王女たりと雖も畜種を懐妊すれば其の子尚旃陀羅に劣れるが如し、此等は且く之を閣く迹門十四品の正宗の八品は一往之を見るに二乗を以て正と為し菩薩凡夫を以て傍と為す、再往之を勘うれば凡夫?正像末を以て正と為す正像末の三時の中にも末法の始を以て正が中の正と為す』お聞きしたいのですけど何が末法なんでしょうか?答えます^^『答えて曰く法師品に云く「而も此の経は如来の現在すら猶怨嫉多し況や滅度の後をや」宝塔品に云く「法をして久住せしむ乃至来れる所の化仏当に此の意を知るべし」等、勧持安楽等之を見る可し迹門是くの如し、本門を以て之を論ずれば一向に末法の初を以て正機と為す所謂一往之を見る時は久種を以て下種と為し大通前四味迹門を熟と為して本門に至つて等妙に登らしむ、再往之を見れば迹門には似ず本門は序正流通倶に末法の始を以て詮と為す、在世の本門と末法の始は一同に純円なり但し彼は脱此れは種なり彼は一品二半此れは但題目の五字なり。』聞きますがその出どころはなんですか?答えます^^『涌出品に云く「爾の時に他方の国土の諸の来れる菩薩摩訶薩の八恒河沙の数に過ぎたる大衆の中に於て起立し合掌し礼を作して仏に白して言さく、世尊若し我等に仏の滅後に於て娑婆世界に在つて勤加精進して是の経典を護持し読誦し書写し供養せんことを聴し給わば当に此の土に於て広く之を説きたてまつるべし、爾の時に仏?諸の菩薩摩訶薩衆に告げ給わく止ね善男子?汝等が此の経を護持せんことを須いじ』と書いてあります。『法師より已下五品の経文前後水火なり、宝塔品の末に云く「大音声を以て普く四衆に告ぐ誰か能く此の娑婆国土に於て広く妙法華経を説かんものなる」等云云、設い教主一仏為りと雖も之を奨勧し給わば薬王等の大菩薩?梵帝?日月?四天等は之を重んず可き処に多宝仏?十方の諸仏客仏と為て之を諫暁し給う、諸の菩薩等は此の慇懃の付属を聞いて「我不愛身命」の誓言を立つ、此等は偏に仏意に叶わんが為なり、而るに須臾の間に仏語相違して過八恒沙の此の土の弘経を制止し給う進退惟れ谷まり凡智に及ばず、天台智者大師前三後三の六釈を作つて之を会し給えり、所詮迹化他方の大菩薩等に我が内証の寿量品を以て授与すべからず末法の初は謗法の国にして悪機なる故に之を止めて地涌千界の大菩薩を召して寿量品の肝心たる妙法蓮華経の五字を以て閻浮の衆生に授与せしめ給う、又迹化の大衆は釈尊初発心の弟子等に非ざる故なり、天台大師云く「是れ我が弟子なり応に我が法を弘むべし」妙楽云く「子父の法を弘む世界の益有り」、輔正記に云く「法是れ久成の法なるを以ての故に久成の人に付す』と書いてあります。わいも3歳から法華経読んでて20歳の頃には28品読んでますが、読んでいるからこそ実際の法華経と重ね合わせて「え。これ歴史に名を残すような大天才大聖人はそう読むのか」と思います。学会員さん池田先生は当時の私のような子供向けにわかりやすいのであえてのぞきます。むしろ子供にもかんたんすぎるように表現されているので大人の方だと誤解を生む可能性がありますからや法華講員さん。日蓮正宗のご住職でもとてもじゃないですが、こんな明快な回答を頂いた経験はないです。当たり前なのかも知れませんが日本に所属問わず日蓮門下さん何人おるのかが信望するのは間違いありません。釈迦の仏教は、修行者が悟りを得ることを目的にしています。釈迦の教えは「法灯明?自灯明」という言葉に集約されます。大乗仏教は、修行者は菩薩であることを自覚し、在家信者を導くことを目的にしています。これは「上求菩提?下化衆生」という言葉で表されます。もともと大乗仏教は、在家者の現世利益を叶えることを目的としていました。それが中国に入って地獄思想と結びつき、来世の安穏をも求められるようになり、浄土教が広がっていく契機となります。ただ、日本仏教は、飛鳥時代から鎌倉時代中期までの中国仏教を受容し続けていたため、それらが重層的に積み重なって現代に伝えられているところに特徴があります。なお、日本に戒律がもたらされていないわけではなく、鑑真によって上座部系の戒律も入ってきており、現在でも南都所寺院で研究が続けられていること、真言や天台ではこの戒律は重要視されていなかったことも付け加えておきます。日本の…か。まぁお経が漢文って時点でε- ′ー`*??。ブッタゴータマは漢字の国の人では無ぇ~??m???。インドだ。そもそも拝んでたりしたんだろうか?少なくとも、修行&講義…そんな感じであっただろう繰り返すが、仮に拝むとしても漢文でお経は唱えるワケは無い。立派な寺院も無い、そもそも仏像は無ぇ~。そりゃまぁ本人生きとるしなぁ~。偶像崇拝は、どの道NGだったハズだ。が、ゴータマ入滅後…その遺骨を有り難く崇めるようになった。ストゥーパー信仰これが更に伝播によって意味が薄れ、「卒塔婆」となったらしい…完全なる拝みな宗教になってしまった。ゴータマ入滅後、カリスマ消滅で教団は解釈云々の違いでバラバラになっていった。元の教えを探ろうって帰巣感覚か?密教がそれだという。とは言え、ゴータマ入滅から相当経っている故…どこまで戻れたのだろうか?特に日本では、漢訳されたものを…有り難く拝んでる。漢訳まであるなら、和訳しろよと言いたくもなるが…その方が有難いっていう意味わからん方が有難いってなぁ本筋から大きく逸れてると言わざるを得まいものにもなりますねぇ。また、死んだ方を成仏させる為の祈りの儀式…では元々は無い。生きてる人間に対しての教えだったんだ、本来。戒名つけるのに上中下?値段が違うだの…坊主丸儲けな教えではあるまい。ちなみに、ものすごく大きく分けて大乗と小乗とに仏教は分かれる。日本では大乗が主流。大乗は、多くの人を救うんだだのな意味合いなようだが、初期仏教は強いて言えば小乗にあたる。個人の完成をまず目指すものなのだが、大乗はそこすっとばして、未熟者が大衆を救う。お門違いだ!と、いう論法はなぜかあまりみかけないなぁ~ε- ′ー`*??。日本の仏教…あの団体は、クソ高い仏壇買わせたりするアレは…違うよな、本来の仏教とは??m???。しょっぽクン世間多くの日本人が仏教を勘違いしてるだけで本質的なところに違いはないと思います。あっても解釈の相違くらいです。仏壇は儒教仏滅は道教戒名はキリスト教お盆に先祖の霊が帰る信仰は、日本の民俗信仰人は悟りを開いて佛になるのであって、死んで佛になるのではない。本来の佛教は、霊魂を認めないし、先祖を崇拝したりしない、だいたい救いを求めたりしない。ブッダは、輪廻転生から脱却する道を説いたのであって、輪廻転生を説いたのではない。日本の仏教って括ると、広すぎる気もする。禅宗、特に臨済宗は本質的にはアンマリ変わんない。念仏はボクは好きだけど、ヒンドゥー教アドヴァイタに似てる。先の回答+ブッダは「自分の像を作って拝め」とは言っていないし、先祖供養の話もしていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です