確認の際によく指摘される項目 アマゾンで驚くほど値引きさ

確認の際によく指摘される項目 アマゾンで驚くほど値引きさ。その商品、メーカーが「一般的な店で販売されているかどうか」で相場は分かります。アマゾンで驚くほど値引きされている商品がありますが詐欺でしょうか イヤホンを探していたところ2万円のものが5000円になっていてそのメーカーの他の商品も見たところ殆どがそのように値下げされていました 胡散臭いので買うつもりはありませんが、 このようなものはどうやって判断するのがいいでしょうか 確認の際によく指摘される項目。詐欺のグループは四六時中そのことだけを考えている。かつ本気度が違うだけ
あって。非常に洗練されてきています。うちに緻密な取材による生々しい彼ら
の詐欺の手口の実態は。驚くほど我々の仕事に似ています。 取れるところから

その商品、メーカーが「一般的な店で販売されているかどうか」で相場は分かります。そういう商品でなければ、参考価格はあてになりません。勝手に値付けされたものですから。その製品はいわゆる中華製といわれるもので、どこでも手に入るものではないので、相場というものがありません。参考になる価格が存在しません。そのメーカーが直接販売しているようで、勝手にこれくらいするものだよという値段を付けただけの話で「詐欺商品」とは違います。実際、その商品は楽天でもでているのですが、「販売価格は同じようなもんですよ」。詐欺の部分は2万の価値があるか?という部分だけの話です。2万円で販売されている店そのものがありませんので、値引きがされているという意味合いでもないです。単にそれくらいの価値の商品ということだけです。アマゾンは第三者が出品できるマーケットプレイスという仕組みがありその商品もその形で、そのメーカーが直接販売しているもので、現住所が中国になっています。マーケットプレイスだと、出品者が発送するので、中国だと中国から発送されるものもあり、その場合は発送されないとかの詐欺もありますが、その商品はアマゾンの倉庫に「預けている形」なので、発送はアマゾンが行います。ですので、直接的な詐欺率は低いと思います。ワイヤレス製品イヤホンやスマホや無線機や防犯カメラやベビーモニターやゴープロの類もをネットで購入する場合には十分な注意が必要である事を記しておきます。物としてはOKでも法律的に使えない製品もあるからです。いわゆる並行輸入品は合法的には使えないと考えた方が無難です。日本で無線製品を使う日本の技術基準適合証明等を受けている事が必要なのです。受けていなくとも使える場合のありますが例外的だったり別途検査や認定が必要です。購入時に以下のようなマークがついているかを確認して下さい。なお、日本の技術基準適合証明等を受けていない機器でも販売は自由で違法性はありません。購入して使った方だけが犯罪に取られる可能性があります。詳細は管轄する総合通信局に問い合わせて下さい。ほぼ、詐欺です。アマゾンで購入して被害にあっている人は、たくさんいます。私も、いくつか失敗したり、返品しました。送られてきたものが、写真と違いました。中華の物だとバッタモンの可能性もありますが基本的にamazonが販売してるものであれば大丈夫な可能性は高いと思います。私も6万円の物を2万円以下で購入した事がありますが一切の問題はありませんでしたよ。1週間後には4万円以上の値段に戻ってました。amazonでは時々”えええ!?”って思うような値引きをされてる商品がありますのでチャンスは逃さない方が良いかも?詐欺ではありません正式に言うと単なるバッタ屋ですとりあえず販売者の住所を見て中国であれば一発です。そういうのを「二重価格」と言います。実売価格の方が本当の市場価格、つまりは本来の値段ということです。価値の高いものを安売りしているように見せかけているだけですので、2万円の物が5000円と表記されてるなら、5000円の方だけ見て選ぶようにしましょう。中国製のイヤホンなんかはそういうのが多いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です