相対性理論入門 簡潔に言うと相対性理論はどういう理論で何

相対性理論入門 簡潔に言うと相対性理論はどういう理論で何。相対性理論の数式は完全であり真です。簡潔に言うと相対性理論はどういう理論で何が凄いの 相対性理論を世界一簡単に解説してみた。多くの場合。「相対性理論」と言うと特殊相対性理論のほうを指します。 特殊
相対性理論を構成するのは。光の速さは絶対的だという「光速度不変の原理」や
。時間挫折した人でもわかる「相対性理論」。一気に読めて。アインシュタインがどのように相対性理論を発見していったのか
。そしてその理論が私たちになにをもたらしているのかが手この本は。ここ
から始まり。相対性理論。量子力学。ブラックホール。宇宙論。重力波へと私
たちを導いていきます何度もいうようにおもしろさ。アインシュタインの夢
である「物理法則を統一する」ということはどういうことでしょうか。

難しい数式はまったくわかりませんが。○つまり。「時間の遅れ」って。どういうこと? ○「時間の遅れ」まとめ 第4
章 「空間の縮み」とは何か? ○「光速度で進む」「超」入門。で福江 純の「超」入門 相対性理論 アインシュタインは何を考えたのか
ブルーバックス。第章 あなたの時間。わたしの時間──相対性とはどういう
ことか第章 光と一緒に走る──光速度不変という原理つ星のうち 相対性
理論を簡潔に的確に理解できる良書です物理学やアインシュタインのすごい
ところは。当たり前の事象に疑問をもち。そこから思考を発展させていくところ
だと「相対性理論」を10歳の子どもにも分かるように簡単に説明します。ただ。「どんな本を読んだらいいかわからない!」という人も多いと思うので。
今回は僕が手にとってきた本を紹介したいと思います! 「超」入門 相対性理論
アインシュタインは何を考えたのか

子どもに「相対性理論って何。中学校で習う数学の範囲でアインシュタインの相対性理論を分かりやすく解説
する 上のリンクの記事は中学で習う数学この理由の説明は非常に難しいですが
。限りなく簡単に言うのならば。“地球から見ると動いているのは相対性理論入門。文系の人もたくさんいるので。相対性理論に必要なもの最低限をすべて説明し。
わかりやすく伝えようとしました。ガリレイ変換」は。簡単に言うと「時間が
どこでも一定に流れている」という条件から導かれます。光から光がどういう
粒子性を持っているのかは。ここでは話すのを避けて。もっと一般的で重要な
ことについてをいいます。光速の宇宙船A。Bの問題は。この?ガリレイ変換?
を直感的に使っているから起きる問題なんです。アインシュタインさんは
すごい。

相対性理論の数式は完全であり真です。そして、私は相対性理論の篤い信者です。 しかし、その解釈には様々あります。①「時間と空間そのもの」が変化するのか、②時計が遅れ定規が収縮するので「時間と空間の座標」が変化するのか、③時間と空間が変化して見えるだけなのか、等々あります。 私は、②と解釈する者です。以下私の考えを説明します。粒子は、光速に近づくに従って動き難くなります。ですから、高速で移動する時計は構成する粒子が動き難くなるので遅れます。私の肉体を構成する粒子も動き難くなるので、時計と一緒に高速で移動する私は、ゆっくりと動き?思考し?年を取ります。私がゆっくりとなるので、自分が持っている時計が遅れていることに気が付きません。逆に、静止している人は速く動き?思考し?年を取っていると見えます。また、静止している人が持っている時計は、速く進んで見えます。まるで、自分に流れる時間が遅くなった様です。しかし、決して私に流れる時間そのものが遅くなった訳ではありません。私や時計と言う物質が動き難くなっただけです。また、高速で原子が移動すると、電子は動き難くなり回転速度が落ち遠心力が弱まり、原子核の電磁気力に引かれより小さい軌道を回ります。この仕組みにより、高速移動する定規は「ローレンツ収縮」します。定規が縮むので距離は逆に長く測定されます。しかし、自分自身が移動しているのでその分距離は短く測定されます。距離はその差引となります。※進行方向へ√1-v^2/c^2倍「ローレンツ収縮する仕組み」は下記ホームページを参照ください。この遅れた時計と収縮した定規を使い、動きながら時間や距離を測定するので、高速移動する慣性系では「時間と空間の座標」が変化します。「時間と空間の座標」が変化すると、光の速度は常に一定に測定されます。また、強い重力が粒子に掛ると粒子は動き難くなります。ですから、高速移動した時と同じ現象が起こります。つまり、高重力場では、時計が遅れ定規が収縮するので「時間と空間の座標」が変化します。アインシュタイン博士は、測量棒でジャングルジムを作る思考実験をしました。測量棒を1[m]とします。静止時には、測量棒は1[m]なので、これが空間の三次元の1[m]間隔の座標です。v[m/s]で移動すると、ジャングルジム=座標は進行方向横方向へ√1-v^2/c^2倍「ローレンツ収縮」します。つまり測量棒=定規が収縮するので、横方向は√1-v^2/c^2[m]が1[m]となります。この様に、高速で移動すると空間の座標が変化します。同様に、v[m/s]で移動すると粒子は動きにくくなり、時計は1秒間に√1-v^2/c^2秒を刻む様になります。即ち「時間の座標」も変化します。この様に、相対性理論は座標を研究する学問です。時間や空間そのものが変化する訳ではありません。何故なら、時間や空間には実体がないからです。実体のないものが変化する筈はありません。変化するのは物質です。v[m/s]で移動すると、観測者自身や観測者の持っている時計や定規が変化するので、観測結果が静止時とは異なるのです。つまり、座標が変化するのです。詳細は、下記のホームページを参照下さい。色んな切り口で語れます。光速が絶対である事から導き出される不思議な現象の数々も面白いですが、個人的に一番衝撃的だったのは、かの有名な質量とエネルギーの関係式ですね。相対性理論ほど面白い話は世の中にそうそうなく、知らずに死ぬのは損だと思いますが、残念ながら私の僅かな知識でさえ、ここで回答できるようなボリュームではありません。★学問の会の長屋修です。 未だに相対性理論を信じている方々に Wikimedia Foundationの新たな方向性の記事に目を通 される様、おすすめします。この記事のあらましは、で分かると思います。 それでもなお、かかる主張を続けたければ、ウィキペディ ア百科事典やウィキブックスに投稿欄が設けられています から、そちらに反証テンプレート剥がしの論を投稿し てください。さもなければ、「洗脳教育の加担者」と見な されます知恵袋は洗脳教育の場ではない、注意せよ。よく聞くいいたとえがあります。前提として光の速さは常に一定であるというものがあります。例えば巨大な宇宙船みたいなものをイメージして、天井から床まで光が1秒でで行き来します。船に乗っている人からするといつも光は1秒で行き来しているのですが、それを船の外から見ている人は、光は天井から出て船が動いているのだから、床に光が着くのは斜めに進むように見えます。これってなんで??光の速さは一定だけど、光の進んでる距離は違うぢゃん!というのがざっくり相対性理論の説明です。相対性理論は高速で動いているものはそれ以外のものよりも時間がゆっくりすすんでいるから、光に近い速さで進むものはそれ以外のものより若いままだよって話です。蛇足ですが、私はこの話には否定的です。光の性質が随分特殊じゃない?とか、タイムマシーンってどらえもんとキテレツしかつくれないんじゃないの?とか。アインシュタインの頭脳がまさに宇宙だった。>何が凄い重力によって時間の流れる速度が違うこと。以前読んだ本に、相対性理論を理解している人は、世界に数人しかいないのではないかと書いてありました。勿論私はその数人には含まれていません。何が凄いかといえば、世界で数人しか理解できないほど難しいということであり、それがその数人には正しい理論であると確信できるほど正しい理論だということだと思います。相対性理論は光の速さは絶対不変だという理論です。特殊相対性理論は、限定された条件でそれを論証しました。一般相対性理論は、さらに拡張してどこでも通じるものだと論証しました。何が凄いかというと、光の速度は常に一定で変わらないということを、初めて解き明かした理論だからです。これによって、これまで不明だったいろんなことに説明がついて、後に数学的にも天文学的観測でも裏付けられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です