相似な図形 中学数学 相似な図形 この問題の3の解説を詳

相似な図形 中学数学 相似な図形 この問題の3の解説を詳。3面積比は相似比の2乗になるので、△AEF:△DEC=12:22=1:4△AEF=△DEC×1/4△DECにおいて、頂点をD,底辺をECとすると、高さが等しい三角形なので面積比は、底辺の長さの比と等しい。中学数学 相似な図形 この問題の(3)の解説を詳しくお願いします 数学相似な図形。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等
をお願いいたします。数学相似な図形です。 がわかりません。どこの辺と
どこの辺をあわせてになるんですか。 数学相似な図形この問題の答えが
線分と線分になる理由がわからないので。こうなる理由をなるべく簡単に
解説をお願いします!見方や考え方右の図の△ で,の二等分線右の
るで/ とき。△ と辺の交点を とし。頂点から/ となる点中学数学。いずれかを含む。中学数学 相似な図形 この問題のの解説を詳しくお願中学数学。相似な図形。相似とは形を変えずに拡大縮小した図形のこと。相似な三角形は対応する角が
それぞれ等しく。対応する部分の長さの比がすべて等しい。三角形の相似条件は
組の辺の比がすべて等しい。組の辺の比とその間の角がそれぞれ等しい。組の

3面積比は相似比の2乗になるので、△AEF:△DEC=12:22=1:4△AEF=△DEC×1/4△DECにおいて、頂点をD,底辺をECとすると、高さが等しい三角形なので面積比は、底辺の長さの比と等しい。から、△CDG:△DEC=GC:EC=3:5△CDG=△DEC×3/5よって、△AEF:△CDG=△DEC×1/4:△DEC×3/5=1/4:3/5=5:12どうでしょ。AE:ED=1:2。よって、△AEF:△CDE=1:2の相似なので、△AEFの面積:△CDEの面積=12:22=1:4。ED:BC=2:3。よって、△DGE:△BGC=2:3の相似なので、△DGEの面積:△BGCの面積=22:32=4:9。AE:BC=1:3。よって、△AEF:△BCF=1:3の相似なので、△AEFの面積:△BCFの面積=12:32=1:9。↓△AEFの面積=1とすると、△CDEの面積=4。△BCFの面積=9。これより、台形ABCEの面積=9-1=8。ということは、平行四辺形ABCDの面積=4+8=12。↓ここで、AD=BC=a、平行四辺形ABCDの高さ=hと置けば、ah=12。△DGEの面積=2a/3*2h/5*1/2=4ah/30=2ah/15。→ ah=12より、24/15=8/5。したがって、△CDGの面積=4-8/5=20-8/5=12/5。↓∴△AEFの面積:△CDGの面積=1:12/5=5:12△EDG∽△CBGでEG:GC=ED:CB=2:3△FAE∽△CDEでFE:EC=AE:ED=1:2これより、EC=5とするとFE=5×1/2=5/2FE:GC=5/2:3=5:6△FAEと△DCGの底辺をそれぞれFEとGCとすると、高さの比は、AF:DC=AE:ED=1:2よって、△FAEと△DCGの面積比は、5×1:6×2=5:12…答え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です