溶液の性質 科学についての質問です水和物の再結晶について

溶液の性質 科学についての質問です水和物の再結晶について。こんにちは。科学についての質問です
水和物の再結晶について、なぜ参考書などでは
a b/100+a=x/100 (析出量/飽和溶液の質量)
のような式を使わず、
溶質の質量/飽和溶液の質量
のような式で解くのですか
解説お願いします 質問理科中学:ろ過して得られるもの。「温度が下がることで。どれだけの物質が再結晶するのか」を調べれば解けます
。 また。溶解度曲線は「各温度で水に対してどれだけその物質が溶けるのか
」を表したグラフです。「ミョウバンの結晶づくり」の落とし穴。これを再結晶といいます。 夏休みの自由研究で人気の実験ですが,この
ミョウバンの結晶作りをしようとする人が,つまずきやすい点を紹介します。 1
.ミョウバンについて 一般的にミョウバンみなさんがよく作ろうとする
ミョウバンの結晶は,正しくは「ミョウバン水和物」というものです。しかし
,スーパーや

高校化学「水和物の再結晶」。考え方は。これまでの再結晶の問題と同じです。 変化前や変化後の場合について
。 溶液の質量。溶質の質量 を考えましょう。 析出した硫酸銅五水和溶液の性質。質問内容 問題 水に対する硝酸カリウムの溶解度は,℃で,
℃でである。℃の飽和水溶液を ℃に冷却したとき,析出する結晶は
何か。 という問題について,析出量を求める手順と考え方についてのご質問
です再結晶。再結晶するのには,できるだけ純粋な溶媒を用い,結晶が溶媒和物をつくらず,
化学的変化をうけないことが必要である。寒色の 寒色青系統
〔金工〕 冷間。再結晶温度より低い温度での塑性加工などについていう
溶解度差がほとんどないため,熱飽和水溶液からの再結晶精製は行えない
。℃以下で単斜晶系水和物を析出,- 総額万円の膨大な辞書?
事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書?事典?叢書サイト」
です。

質問コーナー。南極石は,塩化カルシウムという物質が6水和物として結晶化したものです。
物質が水にどのくらい溶けるかは物質の種類と温度によって決まっていて,
一般には水 に溶ける物質の量を溶解度といいます。

こんにちは。なぜ、公式みたいなものを使って解くことをしないのか、という事ですね。多分、公式をつくっても複雑で覚えにくい使いにくいからではないかと思います。また、分かっていないと、応用も効きにくいからかな?と思います。例えば、水100gへの溶解度が60℃:ag20℃:bgの時、まず、再結晶で無水物ができる場合を考えます。60℃の飽和水溶液100gを20℃まで冷やしたときにできる結晶xgは、a-b/100+a=x/100 析出量/飽和溶液の質量で計算できます。ところが、再結晶で水和物ができる場合、同じような式をつくってみました。できる水和物を、○○?nH2Oとします。式量と分子量とを計算し、その比をとると、○○:nH2O=1:kだとします。その時に、60℃の飽和水溶液100gを20℃まで冷やしたときにできる結晶水和物xgは、100+a:1+k?100a-b/100-kb=100:xとなります。60℃での飽和溶液100+agから析出する水和物の結晶の量が、1+k?100a-b/100-kbgになるためです。これを覚えて使うのは、かなり面倒だと思いますがどうでしょうか。以下、上記の式の出し方を書いておきます。60℃で水100gに○○をag溶かした飽和水溶液があり、それを20℃まで冷やし、水和物が再結晶したとします。析出した水和物の結晶は○○がcgに結晶水がkcg付いたものとします。析出量は、c+kc=1+kcg20℃の水溶液内の水と溶質の量は次のようになります。水:100-kcg溶質:a-cg20℃の飽和水溶液では、水:溶質=100:bですから、100:b=100-kc:a-c100a-c=b100-kc100a-100c=100b-kbc100a-100b=100c-kbc100a-b=100-kbcより、c=100a-b/100-kb析出量は、1+kcgだから、ここのcに上の式を入れて、析出量は、1+k?100a-b/100-kbgこれが、60℃の飽和溶液100+agを20℃に冷やしたときの水和物の析出量です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です