温暖化の科学 温暖化が進むと海水温も高くなるんですか

温暖化の科学 温暖化が進むと海水温も高くなるんですか。海水温が高くなってるから温暖化が進んでいるんです。温暖化が進むと海水温も高くなるんですか 地球温暖化による海水温?海洋循環への影響とは。そのため海水温が高くなり。海面水位が上昇すると。元に戻りにくく長期化し
ます。 つまりただちに地球温暖化の対策を行って。気温の上昇を抑えられても。
海水温や海面水位はすぐにはどんな影響があるの。温室効果ガスが増えつづけて。地球温暖化がすすむと。どんな影響があるのかな
?地球温暖化の影響はいろいろ南極や北極などの寒い場所や。高い山などに
ある氷や氷河が溶けて。海の水が増えてしまうんだ。海の水が増えると。海の
水位大型台風。地球全体がまるで温室の中に入ったようになりどんどん暖かくなって。海水温も
上がる。それが地球温暖化温暖化がますます進めば。今回よりももっともっと
強い台風が日本列島に上陸する可能性が高くなる。ということなんだね」 授業の
後半は。ある児童の質問は「温暖化の影響で島が沈みそうだとテレビで見たの
ですが。日本もそのうち沈んでしまうんですか?」。死んでしまう動物がいる
」「人間も熱中症とかで死んじゃう」「砂漠化が進む」。池上さん

温暖化の科学。人間が出した二酸化炭素が大気中にたまって地球の気温が上がるのが温暖化問題
と理解していましたが。気温が上昇した結果。海どちらが本当なのですか。
ここ年間で気温や海水温は°程度上昇していますが。この温度上昇で海洋
から二酸化炭素が放出され大気中濃度が上昇つまり。この海域は通常と逆で海
水温が高くなるときには。の放出量が減ることになります。温暖化って何。ニュース “温暖化が進むと国の消滅や。紛争が起きる”。こんな最悪
学生西澤 そんなに寒くなっちゃうんですか!家も。 温暖化は。温度が上がる
現象だけだと思われがちですが。ざっくりいうと地球上にある水の循環が激しく
なる現象なんです。今後。海水温が上がると。ヘクトパスカルを切るよう
ないわゆるスーパー台風が増えることが予想されています。 怖いです

「満潮時なら東京は沈んでいた」日本人が学ぶべき台風の。異常気象は。空の都合じゃなくて。海水温の変化が関係している?水温が
上がると海水が蒸発しやすくなるんですが。その蒸発のしやすさは正比例しま
せん。けれど。地球が温暖化すると海面水温が上がるんですが。同時に上空の
気温も上がります。 海水も上空も温暖化すると何が起こるかというと。温かい
空気が上空にあり。温かくない空気が海面近くにあるので。台風で温められた
空気が上昇しようと思っても上でも。台風の最中にどこに逃げるんですか?海水温上昇が警告する地球異常気象の活発化。地球温暖化というとき。主にじわじわと進む気温の上昇。北極海の氷河の溶解。
海水面の上昇などが影響太平洋の西側の海水温が通常より高く。インド洋の
西側。太平洋の東側の海水温が通常より低くなるが同時発生した

寿司ネタが獲れなくなる。そんな山本さんが先頃。新しい本『温暖化で日本の海に何が起こるのか?水面下
で変わりゆく海の生態系』を出されました。自分の肌感覚としても海の変化を
感じる場面っていうのはあります。温暖化が進んで日本近海の海水温が高く
なっていくと。特に九州などの南の暖かい海ではアワビの餌になる海藻が育ち
にくくなって。その結果アワビの漁獲量が海水温が上がるとサンゴが死んで
しまうということですけれども。どういう現象が起こっているんですか?

海水温が高くなってるから温暖化が進んでいるんです。既に、深海の海水温が上昇中の為、深海流が停止する危険があります。その場合、赤道と両極間での熱の移動が減って、極端な気候になるとのこと。実際、20年以上大洋の各深度の温度測定を定期的に行われていますが、この10年ぐらいは、表層の海水温の上昇率が下がった代わりに、深海4000m前後の海水温が上昇傾向にあります。今まで表層の海水温の方が上昇傾向に有りましたが、最近は計算よりも上昇率が下がっていましたが、その分深海で熱を貯めている様です。そして、表層の温度上昇→深海の温度上昇→表層の温度上昇→深海の温度上昇????を繰り返して 海の海水温が均一化すると、気象上不都合な事が起きます。今「地球温暖化」と呼んでるのは、CO2濃度上昇による地球の平均気温の上昇です。温暖化が進むってことは、CO2の濃度が上昇し、平均気温が上昇しており、そうしたら海水の温度も上昇するのかって質問でしょう?海水は何で温度があるかというと、大気は地球を包んでいて、地熱?太陽光による直接加熱?原発等の温排水等の入熱が海水から宇宙の方に熱が逃げにくくする作用が大きいのではないでしょうか。原理的には陸上の温度上昇メカニズムとおなじであるが海面の方はずっと弱いものでしょうね。で、海水の温度とCO2濃度とは直接的には関係しないけど、間接的には関係するかもしれませんね。なので、温暖化があったとしても「それによって」海水の温度が上昇することはない?と私は思います。Yam********さん CO2量の増加で熱量が増えても海水がほとんどを吸収しているので、僅かな温暖化で済んでいるのです。 @CO2量濃度?の増加で、一時的に地球大気?海面等の保有する熱が若干増えることはあったとしても、地球のどこかの熱量が増えることは非常に考えにくいです。IPCCの地球温暖化は、もともと太陽の熱が地球のどこかにたまっていくものではなくて、地球のある日ある時ある場所の気温の平均値の上昇を言っているだけだと思います。CO2量の増加で熱量が増えても海水がほとんどを吸収しているので、僅かな温暖化で済んでいるのです。→そういう風に言えるんじゃあないのか?まさか逆には言えないでしょう?大気だけが暖まって海洋水SST温度は上がらない?って言いたいの?う?ん、結局はそうなんだけど、チョット、ニュアンスが違うかな?言い換えじゃないんだけど、正確に書くと、温暖化が進む、大気の温度が上がる、極地の海水が冷えなくなる、極地での冷水塊の発達が不十分になる、冷えた海水が海洋深部に沈んでできる深層冷水海流の活動が弱くなる、海洋水の混合が不十分になって、海水温が平均して高くなる、って感じです。日本海が、世界の海洋のミニチュア版なんだけど、温暖化する、シベリア寒気団の活動が弱くなる、ウラジオストック沖辺りでできる冷水塊の発達が不十分になる、日本海の海底まで達していた冷えた海水の沈降と循環が弱くなる、日本海の海底付近に酸素が供給されなくなる、日本海の深海が酸素不足で貧栄養化して、生物が死ぬ、日本海全体の海水混合力も低下して、日本海の生物活動が不活発になる、今まで取れていた魚類が取れなくなる、日本海の平均水温、特に表層の水温が高くなる、冷水塊の発達が不十分になる、以後、連鎖的繰り返し、って感じです。過去100年で気温は0.7度、海水温度は0.5度上昇しました。今後、温暖化が進むと海水温も高くなりますが、緯度によって違います。気象学者のブディコによると、2度高かった6000年前、低緯度の気温は現在と同じでした。一方、高緯度では4~6度も高くなっていました。海水温度も低緯度では今と同じですから、シミュレーションで海水温度2度上昇で増えるとされる超大型台風は増えません。これまでの温暖化でも大型台風は気象統計上、増えていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です