次の化学反応式中の下線部原子について酸化数の変化をそれ

次の化学反応式中の下線部原子について酸化数の変化をそれ。下線部の原子、つまりCl原子の酸化数を答えよと書いてあるでしょ。次の化学反応式中の下線部原子について、酸化数の変化をそれぞれ示し、酸化されたか、還元されたかを答えよ 2FeCl2+Cl2→2FeCl3 還元の酸化数の変化の答えが、Cl2:→FeCl3 0→-1 になっているのですが、Clの酸化数は-1だから、-1×3で-3という回答が間違っている理由を教えてください 化学基礎。高校講座 化学基礎 第回 酸化?還元と酸化数左図は前回学んだ。酸化銅
Ⅱが水素と反応して。銅と水ができる酸化還元反応です。化学反応式は。
次のとおりです。ローザ 「それを考えれば。酸素や水素のやりとりがなくても
何が酸化されたのかわかるんですね。」水素?Hについては。化合物中の水素
原子の酸化数は「+1」としました。ローザ 「この酸化数の変化がわかれば。
ある原子が酸化されたのか。還元されたのかがわかるということですか?」

下線部の原子、つまりCl原子の酸化数を答えよと書いてあるでしょ?原子一個あたりの酸化数を答えなきゃいけないので、なぜか原子3個分にしている質問者様の回答は間違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です