扶養義務と介護保険について 民法第877条 直系血族及び

扶養義務と介護保険について 民法第877条 直系血族及び。実質上、親族の誰かが生活保護を申請したときに、扶養する意思があるかを確認するくらいしか意味のない条文だと思います。民法第877条 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある これは別に違反しても大丈夫ですよね 民法。第条扶養義務者 ① 直系血族及び兄弟姉妹は。互いに扶養をする義務が
ある。 ② 家庭裁判所は。特別の事情があるときは。前項に規定する場合のほか。
三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる?親を扶養する義務?を正しく知ってますか。民法条項は。「直系血族及び兄弟姉妹は。互いに扶養をする義務がある」と
定めています。「直系血族」とは。「自分を中心として。父や母。祖父母など
直接さかのぼっていく場合と。子どもや孫。ひ孫など直接下っ…扶養義務について~創立1985年。民法第877条扶養義務者 第1項 直系血族及び兄弟姉妹は。互いに扶養を
する義務がある。 第2項 家庭裁判所は。特別の事情があるときは。前項に規定
する場合のほか。三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることが
できる。 この扶養義務の民法は,夫婦相互間と直系血族および兄弟姉妹は相互
に扶養義務があると規定しています752条,877条1項。法律上,当然
に扶養

親の「金銭による扶養」は子の義務。民法では以下のように規定されています。 第条1項 直系血族および兄弟姉妹
は。互いに扶養をする義務がある。 第条2項 家庭裁判所は。特別の事情が
ある親子や兄弟姉妹の扶養義務とその手続き。民法では。扶養義務という法律による権利義務を規定する条項があります。
扶養義務者 第877条 直系血族及び兄弟姉妹は。互いに扶養をする義務がある
。 2 家庭裁判所は。特別の事情があるときは。前項に規定する扶養義務と介護保険について。民法上。直系血族及び兄弟姉妹は。互いに扶養する義務があると定められてい
ます民法877条1項。また。夫婦も。互いに扶養する義務があります
同居協力扶助義務同法752条及び婚姻費用分担義務同法760条。

実質上、親族の誰かが生活保護を申請したときに、扶養する意思があるかを確認するくらいしか意味のない条文だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です