戦車の砲弾 現代戦車って砲塔の付け根狙うとか弱点狙撃でき

戦車の砲弾 現代戦車って砲塔の付け根狙うとか弱点狙撃でき。近距離、停止なら可能です。現代戦車って砲塔の付け根狙うとか弱点狙撃できるのですか (もちろん距離によって変わってきますが‥ 現代戦車って砲塔の付け根狙うとか弱点狙撃できるのですかの画像。戦車の砲弾。戦車の砲弾は基本的に銃弾などと同じ構造で。通常の砲弾の場合。射撃後には
薬莢が残ります。演習などでは連続して射撃する姿も見られますが。狭い砲塔内
で空薬莢はどう処理しているのでしょうか。戦車」とは装軌式で。分厚い装甲
を持ち。なおかつ敵戦車や敵兵が立てこもる塹壕や陣地を撃破するための大口径
砲を搭載していることが必須です。現代の戦車は。第次世界大戦時の戦車に
比べ車体も砲塔も大きいため。内部も空間的に余裕があると思いきや。銃の基礎知識。なお。口径拳銃は。防弾レベルでは最下位と書いたが。至近距離では人体に
致命傷を与えることができる。かつてフィリピン製模造銃は。銃身にライフ
リングが施されておらずスムースボア/散弾銃?戦車砲等と同じ。弾道が不
樹脂コーテイングした方がコストも抑えられるので。健康対策以外にも別の目的
が有って開発されたのかも知れない。現代ではアサルトライフルは。22口径
弾を。狙撃ライフルや汎用軽機関銃には30口径弾 が使用
されている。

近距離、停止なら可能です。戦闘中は接近も停止も有りません。戦闘状態では命中すれば良く、急所は狙えません。数十センチの誤差が普通です。だから、おっしゃるとおり、距離によります。今どきの戦車戦っで、数キロ離れて撃ちますよ。相手は豆粒のように小さく見えています。そもそも弱点を狙うなんて無理です。数十mなら、狙えるでしょうが。でも、今の戦車、砲塔の付け根が弱いということもないような????。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です