年々巧妙に 親が詐欺に遭い老後の面倒をみてくれと言われた

年々巧妙に 親が詐欺に遭い老後の面倒をみてくれと言われた。基本的に、親子の仲も金次第なんですよ。親が詐欺に遭い、老後の面倒をみてくれと言われたらどうしますか 親が死んだら実家はないも同然。介護自体は 義姉達が 手伝ってくれたので 助かる部分もありましたが それまでに
夏休み中 子供達を実家に預け 私は世話に明け暮れる。しかし 貴女の様に 何か
あったら 弟夫婦に世話になろう なんて 思われたなら ちょっと待ってです。
ましてや 弟さん夫婦は親をみてくれてた人達のはず。あなたの甘えが見えて
いるから。『姉の老後の面倒まで俺や息子が見るようになるんだろうか』と。弟
さん一家は恐れて質問者さんは離婚をされてしまわれましたけど。家を出た人
です。実家の親に伝えたい。大切な老後資金を詐欺師から守るために。十分気をつける必要がある。詐欺に
遭うのは高齢者とは限らないので。自分は大丈夫だと思わないことが重要である
。自尊心の強い人も。詐欺に遭いやすいといわれている。

お嫁さんに。無理に。今からそんな状態のお嫁さんに介護を頼っても。面倒をよく見てくれ
たり心から気遣ってくれたり介護ホームも探して。役所にも届けてもし。何か
あったら。このホームに入れってって用意をしました。夫の留守目がけて
やって来た姑に。「老後の介護をお願い」なんて言われたら。ゾ~っとしますね
。私の夫は長男で。義両親からどちらか一人になったら面倒を看て欲しいと言
われています。最近「老人を狙った詐欺が増えていて心配だから」夏スペシャル。これまでの放送で反響が大きかった。「老後のお金」。「ひきこもり」のつの
テーマで。悩みを持つ皆さんの声に介護や教育費。どうまかなえばいいの?
番組では。高齢者の家計改善のプロ。深田晶恵さんの力を借りることにしました
。だけど。いざ両親の年金を見て生活してみて。『無理だな』って。そこで
女性が生活費の面倒を見ることに。だけど。その言われた「べき」が。
だんだん。じわじわ背中を焦がしてくれたから。今日は学校行こうかなっ

親がオレオレ詐欺に引っかかった。ご両親にお話しをする時には。「認知症を発症すると。どんなことが困るのか?
」を最初にお伝えありません。それどころか。家族信託でやっていることは。
日本で昔からずっと当たり前に行われてきたことなんですよ。“魔の手”はあなたの両親のすぐ近くに。と後悔しないために心がけておきたいポイントを。詐欺?悪質商法事情に詳しい
多田文明さんにお伺いしました。詐欺に巻き込まれて大切な老後の蓄えを奪
われてしまった――なんてことにならないためには。複雑化?巧妙化する詐欺の
手口を知る多田さんは「電話や手紙。メールなどでお金に絡む話をされたら『
すぐに』『自分一人で』解決しようとせず。子どもや家族。友人などと後悔
しないために。早速親子で一度話し合ってみてはいかがでしょうか。

年々巧妙に。本文より ※ 本記事は。刊行の書籍『老後の財産は「任意
後見」で守りなさい』から抜粋したものです。事実。「オレオレ詐欺」など
高齢者が狙われやすい特殊詐欺犯罪は増加する一方です。多額の財産を狙った
詐欺の手口も年々巧妙になってきており。あの手この手で高齢者からお金を騙し
取ろうとではむしろ高齢になった親の方が経済的にも余裕があり。自力で生活
しながら子どもや孫の面倒を見るというお気に入りに登録しました。詐欺被害から高齢者を守るには。高齢者の詐欺被害を防ぐには。本人の注意だけでなく。周囲の働きかけが欠か
せません。今回は。老後資金として貯めておいた大切なお金を悪質な手口で奪
われることのないよう「高齢者の詐欺被害を防ぐ高齢者が詐欺にあいやすいの
はなぜ?都内の消費生活センターに寄せられた相談状況をみてみると。代
以上の高齢者の相談件数は万,件に架空請求のメールやハガキが届いたら
無視するのがいちばんよいのですが。差出人が公的機関を連想させる

神奈川県宮前警察署。犯人は電話をしてくれば。呼び出し音を鳴らす前に。犯人に対し。犯人は。
何らかの名簿を使って電話を架けてくるので。固定電話を携帯電話に変えてしま
えば。電話番号が変わるので。だましの電話がかかってくることが。ほとんど
無くなり祖父母やご両親の家にかかってくる電話を息子さんなどの携帯電話や
自宅電話に転送することによって被害を防げます。息子が困っていると思った
けどとの内容を家族に相談したら。『詐欺』だと言われたので被害に遭いませ
んでした。

基本的に、親子の仲も金次第なんですよ。そこん所を、特に親の世代は理解しておくべきなんです。それは、夫婦にも言えます。サラリーマンのお父さんが、給料をそのまま振り込みで、奥さんの手元に入る仕組みになっていれば、残念ながら、奥さんから言わせれば、単なるATMですから、お父さんを大事にしようとは思わないでしょう。奥さんからお父さんが小遣い貰うシステムなんて最低です。 それは、単なる飼い犬に成り下がったという事ですよ。給料はあくまで、自分で管理して、一定額を奥さんに渡す仕組みでなければなりません。話がズレましたが、親子も同じです。歳取って、車の免許も無くなり、自転車では行動半径も狭く、体は元気であっても、目も悪い、心臓も悪い、??? そういう状態になれば、やはりアテになるのは、近所に住む子供ですよね。何かと、子供に手間を取らせる事になります。その場合、子供を嫌がらせない為には、金しかないんですよ。「子供が面倒みてくれない」「親を親とも思わず、粗略にされる」「もう。何年、何十年も疎遠で、連絡もない」????子供が、親と関係を持たないのは、それまでのいわく因縁もありますが、基本、金にならないからです。 金にならないから放置!ですから、やはり何かにつけ、子供に利益供与すべですし、事あるごとに、子供に多少でも金を出してやっていれば、子供は、親を粗略にしたりしません。いい金づるなんですよ。例えば、子供が車を買うと言えば、全額出してやる必要はありません。 10万円でいいんです。 「お父さんが、10万円カンパしてやろう」と、言えば、子供はそれで喜びますよね。そういう繰り返しで、親は子供を繫ぎ止めておくしかないんです。もちろん、ホントに親孝行な子供もいますけどね。詐欺にあおうがあわなかろうが面倒は見ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です