市橋クリニック 先日パーソナリティ障害性格異常アスペルガ

市橋クリニック 先日パーソナリティ障害性格異常アスペルガ。パーソナリティ障害とアスペルガーには、学習能力の欠如や知的障害があると限った訳ではありません。先日パーソナリティ障害(性格異常)、アスペルガー症候群(自閉症)だと診断されました
親(里親ですが )から無理やり受診させられました

そういう診断結果は本人に直接言うものなのでしょうか 診断結果を聞いてる最中とても腹が立ちました 医者が話の筋道をはっきりさせずにもごもごと喋るのです いちいち頭の中で整理しないといけなかった
ただブロック組み立てさせたり、吹き出しに言葉を書くだけのテストで自分の事を分かった気でいる医者に心底がっかりです
あとどのようにして結果が出されるのでしょうか 結果に納得していません
私はよくネットの書かれているサイコパステストなどのような答えは一般的ですし
まぁネットなんて大げさに書かれてるだけなんでしょうけど
ほんとうにああいう答えを出す人なんているんでしょうかね
ああいうサイトを作る人って精神がおかしい人をあざ笑っているとしか思えません
日本は顔の良し悪しや身長の高い低い、同性愛者などの先天性のことでも差別しどちらか一方しかわらっていません 本当に遅れています
彼らのような人のほうが精神がおかしい人よりも日本の恥です
今私は精神がおかしい人と一緒にされているのです いらだたないほうが不自然です
私は自慢をさせていただきますが成績はいつもトップ5には入っています
ネットの書き込みなどで精神がおかしい人を馬鹿にする低能力の人間のほうがよっぽどおかしいと思いませんか カサンドラ症候群について。カサンドラ症候群とは。発達障害者への報われない支援の毎日から。精神的苦悩
や疲弊が大きくなりすぎて。夫がアスペルガーだと気付いてから。夫の言動が
少しは理解できるようになりましたが。空気を読まない。ひどいことを言われる
余談ですが。先日他県の男女共同参画センターの建物をたまたま訪れる機会が
あり。広い会議室やセミナールームを備えおっしゃるように当事者すべてが
モラハラ行為をするわけではなく。また自己愛性人格障害者のモラハラとアスペ
傾向の

発達障害と人格障害。これらの特徴が歳までにみられ。他の障害や病気と鑑別されると。自閉症と診断
される。 アスペルガー症候群 コミュニケーションをとることはできるが。会話
の内容や質がなんとなくずれていて。違和感がある。人と共感することや人の発達障害戦略研究所。石川 元。市橋香代 アスペルガー症候群の歴史ー統合失調症か人格障害かという
論争から広汎性発達障害に組み込まれる職場での発達障害対応普及活動。先日
の某大手製薬企業での発達障害に関するコミュニケーションの 講演
会重ね着症候群について。重ね着症候群」の定義は以下の通りです。歳以上 広義には歳以上で。知的
障害がなく以上。初診時の主訴はさまざまで病?うつ病?神経症?摂食
障害?対人恐怖症?強迫性障害?境界性パーソナリティ障害?自己愛性
パーソナリティ障害など。高機能型の自閉スペクトラム症広汎性発達障害
の傾向が。明確に表に現れている方は。ほとんどが小児期からアスペルガー
症候群などが疑

市橋クリニック。病」というのは原因と症状がセットになっている概念ですが。「障害」では原因
を特定することを避けているわけです。かといえばエネルギーの乏しい「弱力
性性格」ですが。双極性障害型では。面倒見がよい。他人のために尽くすのが
ほとんどが自己愛性パーソナリティ障害や境界性パーソナリティ障害を合併し。
薬物療法は補助的なものでしかありません近年多いのは。発達障害を基盤と
する強迫性障害でたとえばやアスペルガー障害を持つ人が失敗を角に警戒
した確認の際によく指摘される項目。そうやってアスペルガー者を社会から排除した結果が。先日大手広告代理店で
起きた若い社員の過労死事件であり。境界例人格障害の中でも重い。反社会
的人格障害。いわゆるサイコパスですね。数年前に。「アスペルガー症候群」
という正式な診断?定義はなくなり。「自閉症スペクトラム障害」に変わりまし
た。

パーソナリティ障害とアスペルガーには、学習能力の欠如や知的障害があると限った訳ではありません。なんなら、アスペルガーは一種の天才、有名大学の生徒の何割かはアスペルガーだと言われているくらいです。また、パーソナリティ障害やアスペルガーと、サイコパスは全然違うものです。パーソナリティ障害とは『ほかの大勢の人と物事の捉え方や、感情の整理の仕方などにおいてかけ離れてる為、問題が起こりやすい』ということです。つまり学習能力や知的な考え方は関係ありません。アスペルガーもだいたい似たような感じです。つまりあなたは『頭が悪い』とか『精神がおかしい』と言われたわけではなく『他人と考え方や感じ方、価値観に大きく差があったり、相手を推し量りにくかったり、コミュニケーションが嫌い?苦手なために問題を起こしてしまいやすい傾向にある』という診断をされたにすぎません。何度も言いますが知的障害では無いです。知的障害はまた別のくくりの話ですから。頭が良いとおっしゃっているのが確かなら、少し調べたら納得なされるかと思います。またサイコパスにしてもそうです。調べればわかりますが、サイコパスとは『良心が欠如?嘘を平気でつく?共感能力がない?コミュニケーションが上手い』みたいな定義があり、アスペルガーやパーソナリティ障害ととは全く違うものです。とりあえず、発達障害などこのような診断に関しても、個性のうちと言えばそれまでですが、明らかに周りと軋轢を生じやすい場合、本人も周りも困るがために名前をつけて診断し、対処を考えていくという形になります。ものによっては脳内での分泌されているアレコレが人とかなりずれていたりすることが原因だったりするので、お薬を飲むことで変化する場合もありますね。で、納得出来ないと言うならセカンドオピニオンをうけたり、自分はそうではないと思ってたらいいだけなのです。アスペルガー症候群と反社会性パーソナリティ障害って診断?診断結果は基本的には本人に伝えますしかし過去に比べて誤診は大分日本の医療では減ってはきたものの完全に無くなったわけではありません納得がいかないのであれば何ヵ所か診察を受けることをお勧めしますしかし障害の可能性がらあるならば心療内科ではなく精神科が良いでしょう見てもらう医師も学会の専門医にして下さい専門医でないのにその看板を適当に掲げている町医者も沢山いますからお大事にしてくださいアスペルガーでも重症から軽度まで色々あるけどだいたいの人が、対人とのコミュニケーションに難があるその結果友達がいない 職場で孤立し 退職をくりかえす傾向にある自覚が大事で、貴方の親は自覚してもらおうと思ったんじゃないかこの先、アスペルガーがゆえにおきるであろう様々な障害に自覚があればある程度は対応できると思っての親心じゃないの?成績なんて社会に出れば一切関係ないよ 重要なのはコミュニケーション力!成績がいいから障害者ではない、とは限りません。人に対して『日本の恥!』なんて書くあたり、申し訳ないですが、ちょっと人間性を疑いますよ。そんなに診断結果が不満なら、セカンドオピニオンをされては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です