安倍政権の移民政策 安倍政権はなぜ移民政策を推進めしてい

安倍政権の移民政策 安倍政権はなぜ移民政策を推進めしてい。背景には労働力不足や経済、日本の将来の国力、国益などがあるかと思われます下記URL参照。安倍政権はなぜ移民政策を推進めしている理由は何なのでしょうか 安倍内閣と自己啓発本の相似点:日経ビジネス電子版。支持できない政策や。賛成できない言葉に触れる日々が続くなかで。安倍首相へ
のかんばしからぬ感情が形成されたということであって。嫌いだからという理由
で安倍首相の一挙手一投足を全否定しにかかっているのではない。 いや。わかっ外国人労働者と移民に関する質問主意書。安倍政権が発足した五年前から倍増となっており。日本の雇用者総数の約二
パーセントを占めるまでになっている。飲食などサービス業から二 安倍内閣が
「いわゆる移民政策をとる考えはない」とする理由を示されたい。 三 安倍内閣
以外の日本政府はなぜ「移民政策ではない」という呪文を唱え続けるのか。今年月の経済財政諮問会議において。安倍首相は今回の新在留資格案につながる
検討の開始を指示していた。さらに。方針原案公表後の記者会見においても。
西村康稔官房副長官がこのような発言をしている。下線は筆者政府が
示した方針原案に対しては政権与党である自民党内から懸念も表明され。党の
会議で「移民政策と何が違うのか政府は説明してほしい」という声も出たと報じ
られている日経いま「発達障害」という概念を強く疑わなければいけない
理由

だから「移民」を受け入れてはいけない。人手不足の分野で外国人労働者を受け入れるというものだが。筆者の窪田氏は
危機感を覚えているという。外国人を受け入れることで人手不足が解消するはず
なのに。なぜ危機感を覚えるのか。 /安倍政権が今国会で押し通そうとして
いる「移民政策」に不安写真提供。ゲッティイメージズ 「移民」という
つまり。特定技能があれば年在留できるとか。期限も無制限で家族と暮らせる。
なんてのは世界的に見ればゴリゴリの「恒久移住」なのだ。 百歩譲っ安倍政権の「移民政策」。安倍政権が進めている「外国人労働者の受け入れ拡大」は。どう見ても「移民
政策」である。移民政策」という本当のことを国民に伝えず。「外国人労働者
」とマイルドな表現をして移民政策が進んで行く移民」の法的定義はないが。
国連も「移住の理由や法的地位に関係なく。定住国を変更した人々を国際移民と
なぜトヨタでは。 「指示は不親切なほど良い」 と言われるのか?

背景には労働力不足や経済、日本の将来の国力、国益などがあるかと思われます下記URL参照。経団連からの意向。純粋に労働力不足を解消しようなんて気持ちは、安倍は持っていないと思います。何を移民と定義するからは後にして、単純労働への外国人労働者受け入れは「安倍政権は」ではありませんね。野党も受け入れます。恒例の自民案は嫌、という事をしているだけで立憲案を中心に置いた、対案とかいうものを作ってます。移民とは何か。日本に移民という法的定義はないので、定義を持つアメリカから拝借します。区分は市民、移民、外国人。特定技能1号在留資格 →外国人特定技能2号在留資格 →外国人特定技能2号在留資格者が永住権取得申請して承認される →移民特定技能1号 対象職種介護、農業、漁業、ビルクリーニング、飲食料品製造業、外食業、素形材産業、産業機械製造業、電気?電子情報関連産業、建設業、造船?舶用工業、自動車整備業、航空業、宿泊業特定技能2号 対象職種建設業、造船?舶用工業介護は既に高度人材在留資格に既に含まれているので除外日本人の成り手が少なく労働者が確保できない、というのが理由ですが、それが真実だという前提とします。現場労働者がいなければ産業が成り立ちませんが、上記の業種を日本はやめるというわけにもいかないでしょう。ちなみに、移民可能となる特定技能2号試験は当面行わない方針のようです。1号の最長滞在期限が5年ある事と、移民という事に慎重に構えているのでしょう。結局のところ消費税引き上げと同じ税収増を目論む財務省社会保障費増を目論む厚労省の策略議員なんざ霞ヶ関のコマに過ぎん日本は役人に力を与え過ぎる経団連の賄賂が欲しいからです実際には 日本の就業率は53%で 国民の半分が無職の失業大国なのに 外国人を入れるのは 基地外沙汰です日本人の独立心を煽っているのです。安倍総理が目指す日本は戦前の独立した日本です。しかし敗戦による戦後教育で戦う事を極端に嫌う民族になってしまいました。そこで荒療治として移民を受け入れ日本人の怒りに火をつけようとしているのです。移民問題が発展すれば日本は極右になります。そうなれば自民党ですら左派と見られかねないほど右翼化が進むでしょう。日本は主権を取り戻し、再び世界の日本になるのです。少子化で労働者人口が足らないからでしよう。経団連意向政治を邁進し労働者分配法を整備せず大企業の内部留保だけが膨れ上がる!そしてゴーンのような者がかすめ取ることになる!経団連の意向を達成するための政治が日本破壊の元凶である!労働者目線の政治を取り戻そう!安い労働力を確保して、経団連のご機嫌をとるため。経団連のような大企業の親睦団体も、中小企業がなければりたちません。そのため、来年の夏の参議院選挙を控えて、4月から法律の施行を目指しています。だから今やらなければ来年4月の施行はできなくなってしまいます。財界から、安くて首切りしやすい労働力の提供をせっつかれている。長期的に見たら先細り確定だもの。2~30代ぐらいの若い外国人が入って来て労働力や将来の人口増に寄与してくれたら多少はマシになるからね。なんていうか、もうどうにもならんのよ。日本人だけで頑張っても出生率が2を多少超えても人口減は変わらないんだから。中高年より若者の方が人口が少ない。その若者が自分達と同じだけの子供を育ててもダブついている中高年が全部いなくなる半世紀ぐらい後にならないと人口減少は止まらないんだよ。現実は出生率は2もないから半世紀どころじゃなくて減り続けるんだけどね。だから外国人を受けても数の上でも合わせないとってなっているの。これについて民意を無視してとかあれこれ言っても仕方がない。だって、どんどん生活が苦しくなったらどっちにしろ突き上げるんでしょ。一所だよ。まだ自分の政権でやろうとしているだけ現政権はマシじゃない。痛みを後に後に回して自分の人気取りやった方が楽だろうにね。*安倍政権じゃなくても同じことすると思うよ。支持層である経団連からの要望。失業者が100万人以上いる状態で、34万人受け入れとか言っている時点で人手不足が理由じゃ無い。経団連の要望でしょ低賃金で使い倒せる外国人は、企業にとっては都合がいいのでしょう。まぁ、あと、事実上労働者なのに労働者と認められていない人が大勢いるので、その枠を確保する意味もあると思いますがなんにしてもそれ以前に日本人の給料を上げろといいたいところですが気の遠くなるような時間をかけ少子高齢化問題をあえて避けてきたアベという名のアホの小手先政策移民政策のまえにお前らの国を貶める政治で既に近所中不良外国人だらけだよな、国賊売国奴政権 自民党&創価学会公明党経営者からすれば儲けは労働者からピンハネして生み出すものなので労働者が居なくなるのは致命的です。自民党はお金持ちや大企業の意見を代表する立場なので労働者数を増やすことが大きな使命になります。当然外国人が増えることで様々な問題も起きますが、そんなの関係ないというのが実際のところでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です