坂井勝二とは 元大毎の坂井勝二投手を知ってますか 195

坂井勝二とは 元大毎の坂井勝二投手を知ってますか 195。以前学習しましたね。元大毎の坂井勝二投手を知ってますか 1958年

大毎オリオンズではかねてから投手陣強化のためその補強に鋭意をつくしてきたがこのほど専大野球部のエース、坂井勝二(かつじ)投手(21)の獲得に成功、千代田区有楽町毎日新館内の大毎球団事務所で正式に契約を行なうとともに午後三時入団の発表を行なった なお、大毎では十三日すぐに同投手を連盟に支配下選手として登録、十八日の対西鉄14回戦から出場させることになった 背番号は12

大毎が坂井投手に積極的な入団の交渉をもつようになったのは昨年暮 この一月には大毎入りするのではないかといった報道が一部に伝わったこともある これより前に南海が昨夏同投手を勧誘したことがあったが、これは坂井投手と専大入学後もバッテリーを組んでいる石川捕手(田川中央高時代からの同僚)の実父が南海のスカウトであり、また同投手の父親鉄治さん(59)が肝臓を患って五年間も病床にあったところから親代わりになっていた点から生れた 南海、大毎おほかに阪急、近鉄、阪神、中日、広島などもひそかに運動していたが、大毎は青木スカウトがその後も交渉をたつことなく福岡県若松の実家ほかを熱心に往復した結果、六月下旬の全日本大学野球選手権大会終了後、同投手から入団の内諾を得るとともに大毎和田代表が専大野球部の相馬部長ならびに高橋監督と懇談円満入団の手はずをとった 坂井選手は青木スカウトにともなわれて両親と一緒に十二日上京、同日両親が相馬部長と高橋監督宅をたずねて正式に退部するむねの了解を得た 大毎がシーズン半ばで大学球界のエースを取ったのはことし田宮を加えて打撃陣を強化両リーグ一の打線を形成した上に、さらに投手陣を補強、あくまで優勝をとげんとするおう盛な意欲のあらわれからであり、終始一貫の積極策が同投手をプロ入りに踏み切らせたものである

坂井選手の話 いろいろとこれまでプロのチームからの話はありましたが、こんど思い切って大毎へ入団することに決めました 学業を半ばでプロ入りすることには心残りもありますが、プロのユニホームを着た以上は一生懸命がんばります 大毎を選んだ理由については一度あれだけのすぐれたバックで投げたいとは思っていました プロの世界でどれだけやれるかは全く見当がつきませんが、目標などたてずに少しでも大毎のお役に立つよう努力していきます

坂井選手の実父鉄治さんの話 きょう(十二日)わたしが大学の相馬部長と高橋監督にお会いして正式に退部することの了解を得ましたが、学業の方は本人の意思にまかせてあります

昭和十三年三月二十九日、福岡県生れ 三十二年福岡県田川中央高から専大へ入学、すぐに東都大学リーグ戦に出場するほどの好投手だった 以後ずっと専大のエースとして活躍して下手投げからの速球と変化球に威力をみせて昨秋は同リーグのベスト?ピッチャーに選ばれたし、今春リーグ戦全勝の快記録で専大優勝の原動力となったばかりか個人的も最高殊勲選手ならびに最優秀投手、ベスト?ナインという三重の栄冠に輝いた 去る六月神宮で開催の第三回アジア野球大会にも選抜された 専大の大黒柱に限らず、ことしの大学球界ナンバー?ワンの投手だった 右投右打で身長1?80、体重62?

坂井君は素質のある選手だし、バネがあるから、将来は非常に有望だと思う 私はアジア大会でのピッチングしかみていないのだが、素質は十分にうかがえた あのときは相手が弱かったこともあり、牛耳るピッチングをして成功したが、プロに入ったらもう少し研究が必要だ 彼は下手投げだが下手投げ特有のいやらしいボールがない ストライクがはっきりしている それは練習不足だったためかもしれぬが、これからもっと伸びる球、落ちる球をおぼえなければなるまい いまの球速でスピードだけで打者をうちとろうとしたらプロの巧い打者にやられる危険性がある コーナー?ワークをきかせることも必要だ しかしプロの水になれてピッチングをおぼえたらよい投手になれる 大毎としても勝敗にこだわる試合に出すようなことはせず、ゆっくりと本人が自信を持てるように使ってやるべきではないか

別当監督の話 片岡君や青木君らが見て私に推せんしたのはもう去年のこと 私はきょう練習をみてなるほど、こりゃいけると感じた 下手投げ投手は浮くか沈むかする球を持っていないと成功しないものだが、坂井君の場合はかつての武末(南海ー西鉄)や杉浦と同じように浮く球に威力がある その威力は決して杉浦に劣らないほどだ スピードもあるし、フォームに無理がなくピッチングそのものにはなんら直すところがない 見た感じで細い体の坂井君に連投の無理がきいたのは、フォームがスムーズだからだろう 坂井。振興に関する情報を掲載。また。オールスター?ゲームや日本シリーズなど主催
試合のチケット情報もご覧いただけます。年シーズン終了時 坂井 勝二;
さかい?かつじ投手成績; 打撃成績, 大 毎, , , , , , ,

坂井勝二とは。坂井勝二とは? 坂井 勝二 さかい かつじ。 – は。福岡県出身の
元プロ野球選手投手。右投げ右打ち。表話編歴セントラル?リーグ最優秀
勝率投手年代 大島信雄 松田清元大毎の坂井勝二投手を知ってますか。坂井勝二元大毎。投手 右投右打 大毎?ロッテ→大洋→日本ハム福岡県立田川中央高→専修大学
中退 年~年大毎オリオンズ。東京数人分のデータが集まりまし
たら。おおよその平均値をこのブログの査定データにします。元日本ハムの坂井勝二投手を知ってますか。元日本ハムの坂井勝二投手を知ってますか? 年年 坂井勝二投手 昭和
生 田川中央高ー専修大。大毎ー大洋 妻=好美。長女=美文。二女=
理栄年。年生の時に。背番号の控え選手ながら夏の甲子園に出場。

元大毎の坂井勝二投手を知ってますか1958年大毎オリ。元大毎の坂井勝二投手を知ってますか年大毎オリ。元大毎,坂井勝二元大毎。
元大毎の坂井勝二投手を知ってますか? 年大毎オリオンズではかねてから元大毎の坂井勝二投手を知ってますか。いずれかを含む。元大毎の坂井勝二投手を知ってますか 年大

以前学習しましたね。知ってます。田川中央高校現?福岡県立田川工業高等学校を経て、専修大学に進学。東都大学リーグでは在学中3度優勝。3年生の1959年春季リーグでは6勝無敗で優勝に貢献し最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを受賞する。同年の全日本大学野球選手権大会では準決勝に進出するが早大に惜敗。リーグ通算38試合に登板し18勝5敗、防御率1.20、145奪三振。大学同期に山本兵吾、小池兼司、1年下に堀込基明がいる。その後大学を中退し、大毎オリオンズに入団する。4年目の1962年に11勝を挙げ、先発投手陣の一角にのし上がる。アンダースローの速球派で、柔和なマスクとは裏腹に、歴代3位の通算143与死球という記録からうかがえるように強気の投球で鳴らした。1964年には自己最多の25勝をマークするが、同年阪神から移籍した同僚小山正明が30勝を挙げ、最多勝には至らなかった。1962年から1968年までの7シーズン連続二ケタ勝利を挙げているが、この時期はオリオンズにとって試練の時代で、Aクラス入りは1968年の1シーズンしかない3位。坂井自身も7シーズンのうち5シーズンを負け越している。かつて「ミサイル打線」を構成していた、田宮謙次郎の引退、山内一弘?葛城隆雄の移籍、榎本喜八の衰えなどで打線の弱体化が進んだことも、思うように勝ち星を増やせなかった一因であったろう。の対東映フライヤーズ戦では、9回終了まで無安打無得点に抑えるも味方の援護に恵まれず、10回についに力尽き、0-2で敗戦投手になるという憂き目に遭っている。その10日前の4月15日の西鉄ライオンズ戦でも8回までノーヒットに抑えながら9回に初安打を許しており、わずか11日間で2度ノーヒットノーランのチャンスを作りながらその双方を潰されるという希有な体験をしている。谷間の時代におけるオリオンズ投手陣の屋台骨を、小山正明?成田文男らとともに地道に支え続けていた。1970年、王貞治キラーとして知られた平岡一郎とのトレードで大洋に移籍する。翌年の1971年1月には暴力団との黒い交際の疑惑により、鈴木隆コーチとともに球団より無期限謹慎処分を受けるが黒い霧事件、処分解除後は8連勝をするなど活躍を見せ、初タイトルとなる最高勝率9勝4敗、勝率.692を獲得、また防御率も1.87リーグ2位をマークし大洋のAクラス入りに貢献する。1976年、渡辺秀武とのトレードで日本ハムに移籍、同年シーズン終了をもって現役を引退する。通算605試合登板166勝186敗防御率3.26最高勝率:1回1971年オールスターゲーム選出:3回1964年、1968年、1972年背番号12 1959年 – 1975年11 1976年無欲なように見えて勝負ごとには強い投手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です