北海道全域停電となった北海道胆振東部地震 北海道胆振東部

北海道全域停電となった北海道胆振東部地震 北海道胆振東部。市役所の災害の係に連絡して、被害を見てもらうのがいいかもしれません。北海道胆振東部地震の後、自宅の基礎を見ていたら、画像のようなクラックが多数(15箇所くらい)入っていました これまで、基礎部分をまじまじと見たことはなかったので、乾燥などで入ったものか、地震によるものか ははっきりしませんが、少し心配になっております 住宅の構造は2X4の布基礎で、洗面風呂部分がベタ基礎 ビルトインガレージと玄関が土間コンクリート(鉄筋入り、事実上ベタ基礎)で、ほとんどのクラックは布基礎部分に集中し、布とベタの境目にも入っていました 建具は全て普通に動きます 傾きもありません 宅地は、小さな谷を埋め立てた部分の盛土ですが、隣地境界線上の擁壁やその上に設置したフェンスに不具合は見られません また液状化も見られませんでした ただ、玄関前の歩道のレンガ敷が少し歪んだ感じがするのと、歩道の植え込みのブロックがずれているので、地盤の変形も関係しているのか、今後を考えると不安を感じております 建築に詳しい方から、今後どのように修理、対応したらよいか教えていただけたらと思います 北海道全域停電となった「北海道胆振東部地震」。今回のように発電所が直撃を受けてしまうと。送電網全域で他の発電所も
巻き込み大停電が発生すると。あらためて証明されたのだ。 震災後。私は札幌の
団体から「マンションの震災対策」をテーマとしたセミナー講演の

基礎。上記を見て。ふと久しぶりにはてなブログで書きたいな~ということで書いてみ
ました。北条駅 観光スポットで表示されていた強調スニペットで
「北条駅 観光スポット」と検索すると画像のような検索結果になります。
残念なら年は北海道胆振東部地震の影響で週間短縮されてしまったため。

市役所の災害の係に連絡して、被害を見てもらうのがいいかもしれません。市役所の方が詳しい専門の方を紹介してもらえると思います。長いクラックがあるのが少し気になります。地震前の状況が分からないので、なんとも言えませんが。見たとこ、基礎表面にモルタルが塗ってありませんか?クラック事態そんなに大きくないので、それの問題はないと思います。 只今後、モルタルの剥離が発生するかも知れません。地盤の変形とクラックの因果関係はないと思いますが、今後突然大きなクラックが発生するかも知れませんので、早めに役所経由で地盤調査会社に調べてもらった方がいいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です