コンピュータサイエンス専攻 筑波大学システム情報工学研究

コンピュータサイエンス専攻 筑波大学システム情報工学研究。1について、AはPSの元です、つまりSの部分集合です。筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻の平成30年度8月の試験問題です 離散数学の問題です 自分の解答が合っているかわからないので、分かる方教えてください お願いします 問題 Nを(0を含む)全ての自然数からなる集合とし,S = {1,2,4},T = {x ∈ N 0 ≤ x ≤ 7} とする また,P(X) は集合 X のへ?き集合を表すものとする 関数 σ : P(S) → T を σ(Y ) = ∑ x x∈Y と定義する たた?し,Y か?空集合のときは σ(Y ) = 0 とする すなわち,σ(Y ) は集合 Y の要素を 全て足し合わせた値を返す関数て?あるとする 例えは?,σ({1, 2}) = 3 て?あるとする ここて?,二項関係 R1, R2 ? P(S) × P(S) を,それそ?れ ? R1 ={(A,B) σ(A)≤σ(B)} ? R2 = {(A,B) σ(A)?σ(B) = σ(A∪B)?σ(A∩B)} と定義する このとき,以下の問いに答えなさい なお,以下て?多重集合は考えないものとする (1) (A, {4}) ∈ R1 を満たす A ∈ P(S) を全て求めなさい (2) 反射律?推移律?反対称律を全て満たす二項関係を,一般に順序関係という 関係 R1 は P(S) 上の順序関係となることを示しなさい (3) 有向ク?ラフ G = (V, E) を以下のように定義する ? 頂点の集合 V を P(S) とする ? 辺の集合 E は,(A, B) ∈ R2 か?成り立つとき,かつそのときに限り,頂点 A から頂点 B への辺をちょうと? 1 本含む このとき,G の頂点の数と辺の数をそれそ?れ求めなさい (4) 関数 σ か?全単射となることを示しなさい 自分の解答は写真で貼ってあります よろしくお願いします コンピュータサイエンス専攻。コンピュータサイエンス専攻では,情報分野の基礎となる技術から先端的技術に
至るまで,幅広い研究と教育を行います.数理情報工学,知能ソフトウェア,
ソフトウェアシステム,計算機工学,メディア工学,知能情報工学の分野の研究

筑波大学。当学位プログラムの入試情報。教育プログラム。教員?研究室情報などについて
ご紹介します。年月より。システム情報工学研究科コンピュータ
サイエンス専攻は。理工情報生命学術院システム情報工学研究群情報理工学位田中。筑波大学 大学院システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻長 兼務
筑波大学 生命環境系 助教 ハラシマ ヨウスケ 原嶋 庸介
筑波大学 計算科学研究センター 助教 ミヤモト ショウコシステム情報系 准
教授教員紹介。システム情報系の教員はシステム情報工学研究科のつの専攻において教育?研究
を実施しております。各専攻の教員紹介のページをご覧下さい。 社会工学専攻
リスク工学専攻 コンピュータサイエンス専攻 知能機能システム専攻 構

1について、AはPSの元です、つまりSの部分集合です。その書き方だと不正解。2について、あなたは示さないといけない式を書いただけで、実際にR1がそれを満たすことの根拠を全く書いていません。0点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です