ゲノム編集技術を用いて拒絶反応のリスクが少ないiPS細胞

ゲノム編集技術を用いて拒絶反応のリスクが少ないiPS細胞。実験マウスはMHC遺伝子について純系であるため親子が同じ型になる。ヒトでは親から子への臓器移植はHLAハプロタイプ不一致により拒絶されるが、実験マウス(ホモ)では生着する ヒトも実験マウスもMHCの一致?不一致により拒絶?生着が決まっている
この違い をどう説明する

調べてもわかりませんでした
教えて下さい… ゲノム編集技術を用いて拒絶反応のリスクが少ないiPS細胞を作製。細胞移植の際。レシピエントとドナー注の注型が一致しないと。移植
したドナー細胞はレシピエント現状では細胞を作製するのに時間と費用が
かかることから。では他家移植が可能な再生医療用細胞自身の持って
いる型と異なるミスマッチという型の人から細胞や臓器の移植を受ける
と。細胞が「と数十種類の型があるが。両親それぞれからつの同じ型を
受け継ぎ。。。のような組み合わせをもつ細胞を「

実験マウスはMHC遺伝子について純系であるため親子が同じ型になる。実験マウスには多くの純系系統が得られていて、MHCに関して同系統マウスどうしの交雑では親と同じ型になり、拒絶反応が起こりません。要するにAAとAAの交雑で得られた子は必ずAAになる、ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です