インタビュー?対談 音楽小説を書きました いかがですか元

インタビュー?対談 音楽小説を書きました いかがですか元。。音楽小説を書きました
いかがですか

元カテシリーズ第820回

元カテの七回忌

元カテが死んだ
元カテは真冬の1月に日本アルプスの名峰劔岳から滑落して死んだ 元カテはM蘭工業大学時代山岳部に所属して、日本百名山の踏破に青春の炎を燃やしていた
もっともそのために大学は三年留年をかさねたが、元カテはその事に後悔をしたことはなかった
なぜならば、青春は一回切りであり そつなく過ごすよりも、失敗してもやりたいことをやる方がよいと考えたからである
その後、北海道エナジーに就職し、家庭を持ったために山は留守にしていたが、齢56にして不意に劔岳に登りたくなり、正月休暇を利用して劔岳へと向かった
劔岳は元カテの前にその険しい山肌をむき出しにして、微笑んでいるかのように見えた 元カテは頂上まで後30mほどのところであっけなく風に吹き飛ばされて転落して死んだ
死体はカチンカチンに凍りついて春になって発見された
その顔には笑顔が浮かび、元カテが己の生涯を悔やんでいなかったことがくっきりと刻まれていた
それから6年が経ち、日本各地から元カテのことを懐かしむ人々が七回忌のためにあつまってきた
岡山のミケランジェリ
元チロリアンミュージック
架空ピアノ野郎
マランツ
you
などである
岡山のミケランジェリは元カテのピアノの師であった
けれども、元カテは常に師に対して従順だったわけではない
時に反抗し、反逆の弟子とよばれたこともあった
岡山のミケランジェリはそうしたすべてを許し、ここにやってきた
元チロリアンミュージックは元カテのよきピアノのライバルであり、アルトゥーロベネディッテイミケランジェリに対してディヌリパッティがそうであったように互いに切磋琢磨して腕を磨いてきた
元カテの死は元チロリアンミュージックにとって唐突で埋めがたい欠落を心に残した
元チロリアンミュージックはいまでもけして元カテのことをわすれてはいなかった
架空ピアノ野郎は元カテの人柄を愛し、兄のように慕っていた
マランツは元カテの伝記作者として元カテを愛していた
youは愛されなかった父に代わって元カテに父の面影を重ねていた
youが愛されなかったのは優秀な姉がいたためであった
A川の名刹(めいさつ)乾電寺の本堂で読経が終わると、精進料理とビールが出た
元カテの息子の大二郎が挨拶に立った
「今日は父のためにわざわざありがとうございました
今日はゆっくりと父のことをしのびご歓談ください
私は四月一日大二郎(わたぬきだいじろう)と申します 元カテの息子です 今年の春に北海道大学医学部を修了し医師となりました
では、ごゆるりとお過ごしください」
宴がたけなわとなり、youはコンテンポラリーダンスを踊った
youは現在はロサンゼルスに渡り、国連に勤める黒人医師アブラハムリンカーンダニエルの妻として二人の子供、ワシントンとアーリーンをそだてていた
コンテンポラリーダンスは高校時代に趣味で始めたものであった
美しい優雅な踊りに皆は見とれた
youが踊り終わると岡山のミケランジェリが言った
「元カテの演奏がききたいものじゃのう」
マランツが言った
「元カテが最後に残したYouTubeの音源があります」
マランツは用意してきたCDラジカセで元カテが最後に録音したショパンのプレリュードを流した

https://m youtube com/watch v=Jb3Lc83kuNQ&itct=CB8QpDAYACITCNbKiL_GmuMCFbXIwQodPtgMAzILYzQtb3ZlcnZpZXdaGFVDYUlOX0R5UWdGelBkOHlDT2xnWmV4dw%3D%3D&gl=JP&hl=ja&client=mv google
元カテの妻の杏子はそれを聞いて涙を流した
架空ピアノ野郎はさっきから食べていたさつまいもの精進揚げを食べる手を休めて聞き入った
他の人々も黙って聞いた
夏のお寺の境内には涼しい風が吹き、それが本堂に吹きいって爽やかな心地がした

おしまい音楽のある毎日を音楽をテーマにした小説5選。今回は。音楽を奏でる楽しさや音楽のやりがいを伝えてくれるような。音楽を
テーマにした小説を作品紹介します。特待生として音楽科への推薦入学が
決まっている香月遥は。ピアニストを目指して日々レッスンに励んでいた。
しかしあるは。年に映画化。年にテレビドラマ化もされている。
中山七里による推理×音楽の長編小説です。ふたりは。高級住宅街の中でも
ひときわ華やかな洋館に住む絹子先生の元へ。ピアノを習いに通っていました。

小説の書き方良い作品を書きたい人へ。小説が書きたい!でも小説の書き方やアイディアのまとめ方がわからないという
人は多いかもしれません。ターゲット層を決めるとは。どの年齢層?性別
の人に受けるよう作品を書くか決めるということです。 同じ恋愛小説一番
分かりやすい章のつけ方は。プロット作成時の構成をもとにする方法です。 起=
1章?インタビュー?対談。お答えを聞くと。あまり投稿に慣れていない印象ですが。メフィスト賞に応募
した本作は何作目ですか? 真下 長編では2作のが初めてです。小説の作法
みたいなものがわからなかったので。プロットのような文章で応募してしまい
ました。書きたいものと書いているものがちょっと違うのかな。と思って。長編
を1本書いて『このミステリーがすごい!真下 音楽制作のほうは大学に入って
すぐパソコンを買ってやり始めたので。小説を書くより早かったんです。
もともと中学生の

音楽小説を書きました。音楽が聴こえてくる小説たち。小さいころから何らかの形で音楽を続けている私にとって。大好きな読書をし
ながら音楽が脳裏にあふれての直木賞「蜜蜂と遠雷」。どちらもピアノを
テーマにしていて。音楽小説ブームがきてるんじゃないですか?恩田さんの
小説はたくさん読んできましたが。あまり音楽というイメージはない気がします
。まだまだ書きたい作品があるので。もう一つコラム書く予定です。作家。今回のミュージックソムリエインタビューは作家の小路幸也さんにお願いいたし
ました。ました。 —小路さんの小説を読ませて頂いていつも感じることなの
ですが。どの作品からも音楽が聴こえてくるのですが。ご執筆される時はいつも
音楽を聴かれるのですか?それとテーマ曲を決めるんです。-の中から
選んで。それを流しながら書きます。クラシックはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です