アンドロイド スマホの画面明るさ自動調節機能は電池を食い

アンドロイド スマホの画面明るさ自動調節機能は電池を食い。そりゃ明るさセンサーが使われるので電池の消費量は増えますけど微々たるものです。スマホの画面明るさ自動調節機能は、電池を食いますか スマホバッテリー節約術。スマホには周囲の照明に応じて。画面の明るさを変える自動調節機能が搭載され
ています。便利な機能ですが。照度センサーを常時動作させることになるので
バッテリー消費の一因にもなります。バッテリーを節約したい場合価格。「画面の明るさ」「データの同期」などの端末で出来る設定や。「タスクキラー
の導入」「通信制御」などのアプリで出来るの節電を方法を画面付きでご
紹介し節電編 設定を変更して電池を節約しよう 節電編節電のため
に「明るさの自動調整」をオフにしておきましょう。キーをタップした時に
振動する「バイブ機能」や「操作音」をオフにすることでも節電につながります

スマホの電力を30%節約する6つのテクニック。画面の明るさを自動調整する最も電力を消費する画面は。当然のことながら
明るさに加えて。時間も関連してきます。通常秒トラッキング機能を
オフにするか。必要に応じてオンにすれば電力を節約できます。アンドロイド。スマホは何の操作もしないと。一定の時間で画面が自動で暗くなり「画面ロック
」される。この画面ロックまでの画面の明るさを調整する アンドロイドは画面
が明るいほどバッテリーが大きく消費されます。アンドロイドの を
快適に使うための知っておきたいつの設定?便利機能モバレコ – 格安
スマホの 年夏画面が明るければ明るいほど電池を食います。
デフォルトに

スマホの電池を長持ちさせる5つのワザ。そこで。海外旅行先でも役立つ。バッテリーを長持ちさせる5つのコツをご紹介
します。位置情報サービスは。地図を表示させたり。今いる場所の天気予報を
知らせてくれたりととても便利な機能ですが。実はバッテリーが消耗してしまう
原因にも。アプリを使い終わったとき。ホームボタンを押せばホーム画面に
戻るので。アプリは終了したように見えます。自動調整のメリットは。まわり
の明るさに合わせて自動的に明るさを調節してくれるので。手動で明るさを調節
するiPhoneのバッテリーを長持ちさせるなら「明るさの自動調節」は。バッテリーを長持ちさせるには「明るさの自動調節」をオフにしたほうがいい
という人がいるけれど。はオンにした画面の明るさを落とすか。明るさ
の自動調節をオンにすると。バッテリー駆動時間を延ばすことができます」と書
かれている。明るさの自動調節」とは。周囲の明るさに合わせて照度を自動で
調節し。画面を見やすくする機能。もちろん「明るい場所ではあまりスマホを
見ない」「照度を上げてもこまめに下げられる」という人は。設定を

そりゃ明るさセンサーが使われるので電池の消費量は増えますけど微々たるものです。ただ、液晶の明るさが最大になってしまうと半分の明るさの時と比べ結構電池の消費量が多くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です