この問題の この問題の 1つ目の定数mの値の範囲は0≦m

この問題の この問題の 1つ目の定数mの値の範囲は0≦m。?2次関数のx軸との交点???『y=0』とした時の2次方程式の解?と同値の関係なので下記の2次関数のx軸との交点で考える質問者さんは必ず自分でグラフを描いて略図で結構確認して下さい下記の2次関数を考え、平方完成するy=fx=x2+mx+m=x+m/22。この問題の 1つ目の定数mの値の範囲は0≦m≦4と求めることはできたのですが、その後の、 また、2次不等式x2+mx+m<0の解が区間0≦x≦1を含むような定数mの値の範囲を求めよ という部分の解き方がわかりません 教えてください この問題の。標準二次方程式が実数解を持つ範囲。二次方程式 ++?= + + ? = が異なるつの実数解を持つ
ような。定数 の範囲を求めなさい。 二次方程式の解の個数については。基本
二次方程式の解の個数と判別式で見た通り2次方程式[2×2+2mx+2m+4=0が実数解を持たないときのmの範囲。問題 2次方程式22+2+2+4=0が実数解をもたないときの定数の
範囲を求めましょう。 □の別のテキストで2次方程式22+4?=0が
異なる2つの実数解をもつような定数の範囲を求めましょう。

?2次関数のx軸との交点???『y=0』とした時の2次方程式の解?と同値の関係なので下記の2次関数のx軸との交点で考える質問者さんは必ず自分でグラフを描いて略図で結構確認して下さい下記の2次関数を考え、平方完成するy=fx=x2+mx+m=x+m/22-m2/4+m…①fxはxがどのような実数であっても、x+m/22≧0なので、-m2/4+m≧0…②であれば、必ずy≧0となるので、与条件を満たす②からmm-4≦0となるので0≦m≦4…答同様に、①が区間0≦x≦1を必ず含むためにはf0=m0…③f1=1+m+m0…④の2つを満たせば良い③からm0…⑤④からm-1/2…⑥⑤⑥の共通範囲からm-1/2…答x^2+mx+m=0が異なる2つの実数解を持つ場合その解をα、βαβとするとx^2+mx+m0の解はαxβこれが0=x=1を含むようなmの範囲を求める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です